評価の信頼性・納得性を向上させる被評価者向け映像コンテンツ 

DVD 被評価者のための評価面談の基礎知識 全1巻

  • 中堅社員・職員
  • 人材開発・管理者教育
河合コンサルティング代表取締役 河合克彦 監修/河合コンサルティング コンサルタント 石橋薫 監修
価格:86,000円(税抜)
発売日:2010年09月24日
商品コード:48706
再生時間:約40分
購入画面へ進む

説明

視聴対象:被評価者 

 評価者だけの教育では信頼性・納得性のある人事評価は出来ません。被評価者の多くは
「評価は受けるモノ」と誤解しています。評価の質を向上させるには評価者だけでなく被評価者も評価面談が給与や賞与の査定だけでなく能力開発、コミュニケーションの促進、モチベーションアップや価値観の共有といった意義や目的を持つことを理解することが重要です。
 これまでの人事評価研修教材の多くは評価者のスキルアップを目的にしたものでしたが本DVDは被評価者に評価面談の基礎知識と意義、目的を解説して評価に対する意識を変えて積極的に評価に関わる意欲を持たせる被評価者向け研修用コンテンツです。

目次

  1. ■ 第1部 ケースドラマ「評価のパワーを活かす」
    ・評価は役に立っている
    ・評価は受けるモノ?
    ・評価のパワー1 能力開発
    ・評価のパワー2 コミュニケーション&モチベーションアップ
    ・評価のパワー3:価値観の共有・人事評価の意義
    ■ 第2部 ポイント解説『評価のパワーを活かすために』
    付録テキスト付き (40頁)

監修者プロフィール

河合 克彦(かわい かつひこ)

(株)河合コンサルティング代表取締役。1944年生まれ。京都大学経済学部卒業後、富士銀行に入行。富士ナショナルシティ・コンサルティング、富士総合研究所、富士総合研究所河合クラスターを経て、97年に河合コンサルティングを設立。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

石橋 薫(いしばし かおる)

(株)河合コンサルティング コンサルタント。1945年生まれ。早稲田大学卒業後、産労総合研究所に入社。人事労務専門誌の編集長、専門誌・書籍の編集局長、経営人事コンサルティング事業部門の事業統括責任者、副社長を務め2006年退社。2006年より河合コンサルティングにて、経営ンサルティング業務に従事。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading