日経DVD
ユーザー活用事例


ユーザー様に日経DVDのご活用内容をお伺いしました。

※法人ご担当者様の所属部署名・役職名は、
取材当時のものです。

第2回

日清医療食品株式会社

総務本部 総務部 コンプライアンス課
課長 船越経文 様 / 主任 岡田美保 様

綿久寝具(現ワタキューセイモア)の子会社として1972年に設立。医療・福祉施設・保育に特化した給食の受託業務で急成長されている日清医療食品様(社員数:45,578名 拠点数:33カ所)に、弊社DVD採用の経緯、利用方法についてお話をうかがいました。※社員数、営業拠点数は2017年10月現在

 日経DVDを含め数社のDVDを視聴しました。まず、映像時間が長かったものがあったので、30分前後のものに絞りました。また、あまりに一般的過ぎて当社に合わなかったものは対象外としました。自分の会社ではないけれども「こういうケースってあるよね、たとえばうちだったらこんな形なんだよね」というように共感してもらえるものを選びました。
 また、今の時代に合っているか、こちらのイメージと合っているか、を見て検討します。映像時間がちょっと長い場合には、分割して使ったらどうかとか、話し合いながら決めています。

詳しく見る詳細を見る
第1回

モランボン株式会社

人事総務部 人事課
主任 山畑幸助 様

1951年の創業以来、真にお客様が求めるものを見極め、安全・健康、そしておいしさで独創性を追求されているモランボン様(社員数428名 拠点数17カ所)に弊社DVD採用の経緯、利用方法についてお話をうかがいました。

 弊社の研修体系は、主に階層別研修を実施しております。研修方法の一例としましては、対象者は事前にテーマに即した通信教育を受講します。研修当日は、通信教育の内容、テーマごとの基礎知識を座学により整理します。
 また、知識をより深めるために日経DVDを視聴しワークショップを通じて内省し、気づきの機会をつくります。そして、最終的に実行計画まで落とし込みます。島型の研修スタイルをとっており、講師と研修参加者との距離を近づけ、一体感のある研修になるよう心がけています。

詳しく見る詳細を見る

1 2