日経DVD
ユーザー活用事例


ユーザー様に日経DVDのご活用内容をお伺いしました。

※法人ご担当者様の所属部署名・役職名は、
取材当時のものです。

第7回

JR東日本メカトロニクス株式会社

主幹 石井 隆 様
経営企画本部 総務部 人材育成課 副課長 木暮枝里 様

1992年発足。駅と「Suica」を中心として、先端技術を駆使し新しい価値を提供する「技術サービス創造企業」。改札機・券売機をはじめとする出改札システム、ホームドアの開発、エスカレーター・エレベーター・空調・融雪装置等、駅設備のフィールドサービスをトータルに提供する。また「Suica」をはじめとする交通系ICカードの開発及びソリューションを提供するほか、各鉄道・バス事業者向けに交通系ICカードを全国展開している。社員数約1,330名(2019年4月現在)

社員の反応はすこぶる良かったです。約100名規模で13回の研修を行いましたが、研修後にアンケートを取った結果、「よく理解できた」の回答が37%、「理解できた」が53%、「少し理解できた」が9%、「難しかった」が1%でした。またその次の年度に「働き方改革」の教育として『DVDタイムマネジメントで働き方改革 全2巻』を活用しましたが、アンケートの結果、理解度は全く同じ数字となりました。これはドラマが自分ごととして身近に感じられ、理解しやすかったからだと思います。非常にありがたかったですね。

詳しく見る詳細を見る
第6回

双日株式会社

人事部 グローバル・人材育成課
主任 三原 岳 様

2003年設立。それぞれ長い歴史を持つ「ニチメン株式会社」「日商岩井株式会社」をルーツに持ち、150年以上にわたって多くの国と地域の発展を、ビジネスという側面からサポート。現在も国内外400社を超える連結対象会社とともに、総合商社として幅広いビジネスを展開している。従業員数は単体2,495人、連結19,230人(2019年9月30日現在) https://www.sojitz.com

社内イントラネット上のeラーニングシステムの中に動画データを格納し、必要な対象層に向け公開しています。まず、対象者に視聴を促すリマインドメールを送り、視聴(受講)の期間を設定して、終了したら感想を書いてもらうようにしています。
社員が世界中を飛び回っているなど、業務上の都合でなかなか皆が集まるタイミングが難しいですし、研修参加者のスケジュールを調整していたらどんどん後倒しになり、学習が遅れます。しかし、eラーニングシステムを使えば、スケジュールの問題も解決でき、早期学習が実現できるわけです。「いつでも、どこでも、どんなときでも」、海外にいても電車の中でも、時間と場所に制限されずに学習が可能です。スマホでも視聴できるようにしていますから、各自が必要なときにいつでも学習できます。

詳しく見る詳細を見る
第5回

京葉ガス株式会社

総務部 総務グループ
コンプライアンスチームリーダー 穴澤 輝 様
コンプライアンスチーム 紺野大輔 様

1927年(昭和2年)設立。千葉県市川市、松戸市、鎌ケ谷市、浦安市の全域、および船橋市、柏市、流山市、白井市、習志野市、我孫子市の一部区域(338.6km²)へのガス・電気の供給事業の他、さまざまな事業を展開。「ほっと、人、あんしん。」をブランドメッセージとして、お客さまに“安心感”をお約束する企業として活動を続ける。従業員数826人(常勤の就業人員 2018年12月現在) https://www.keiyogas.co.jp/

年に一度「推進担当者」と呼ぶ社内全箇所のグループマネージャーなどの職制とグループ会社のコンプライアンス担当者を集めた「推進担当者連絡会」という会議があり、この会議のなかで推進担当者のコンプライアンス知識向上のため、DVDを視聴しています。
推進担当者は、自分がマネージャーを務めるグループにおいては、コンプライアンスを指導する立場にもあるわけです。ですから、各担当者がグループメンバーの知識向上のために、自分が視聴したDVDを活用して個別に視聴するという場合もあります。こうしたスタイルも10年以上続けていますので、社内で定着しています。

詳しく見る詳細を見る
第4回

株式会社ぎょうせい

執行役員 友田雅己 様
人事総務部人事課
部長 山田幸一 様 / 担当課長 伊藤陽子 様 / 村上志桜里 様

1893年(明治26年)の創業以来「法令の普及と地方自治の振興への寄与」を企業理念とする「法令」「地方自治」分野のパイオニアで、出版事業、法令例規事業、システム事業、クリエイティブ事業の4事業を展開される株式会社ぎょうせい様に、弊社DVD採用の経緯、ご利用方法などについてお話をうかがいました。
社員数749名(契約社員等199名含む 2019年1月1日現在) https://gyosei.jp/

 日経のDVDはドラマ仕立てなので、視聴する側が「自分ごと」として受け入れやすいという特長があると思いますね。また、「一斉にみんなが同じ場所で同じものを観る」ということも大切です。その場の空気を研修対象者が共有するというのは、問題意識を持つうえで効果的だと思います。
 そして、視聴シートもその場で書いてもらうので、DVDから得た気づきを忘れないうちにアウトプットして残すというのも大きいと思います。各人が気づき・学びをその場で自分自身に落とし込むことが大事だと考えています。

詳しく見る詳細を見る
第3回

日本生命保険相互会社

人材開発部 輝き推進室
課長補佐 岡部契治 様

1889年に創業。「共存共栄」「相互扶助」という生命保険事業の精神にもとづく経営を掲げておられる日本生命保険相互会社様(社員数 約7万人)に、弊社DVD『仕事と介護の両立のために ワークライフバランス』の活用方法、研修効果についてお話をうかがいました。

 突然、介護をすることになったストーリーに、リアリティがありました。介護については事前に備えることが重要だと感じながらも、実際に介護を体験した従業員はまだ少なく、なかなか当事者意識を持ちにくいのが現状です。当DVDのように、ドラマ仕立てになっているとイメージが湧きやすいですし、ドラマを見て自分で考えた後、解説編で理解を深められる構成が良かったです。
 当社は、「仕事と介護の両立実現」と「両立しやすい環境整備(お互い様意識のある風土醸成)」を目指して、「介護に向き合う全員行動」を進めています。当DVDの内容は、お互い様意識のある風土醸成にマッチしており、ディスカッションができることも決め手になりました。

詳しく見る詳細を見る

1 2