平成22年6月30日改正の育児・介護休業法に対応。産休・育休制度の内容と両立のポイントを伝える映像コンテンツ

DVD 産休・育休ガイドシリーズ 全3巻

  • 管理職
  • 中堅社員・職員
  • ワークライフバランス・働き方改革
キャリアネットワーク代表取締役会長 河野真理子 監修/キャリアネットワーク常務取締役 安藤博子 監修/東レ経営研究所 ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長 渥美由喜 監修
商品選択
価格:120,000円(税抜)
発売日:2010年03月25日
商品コード:V0275
収録時間:各巻約30分
購入画面へ進む

おすすめのポイント

視聴対象(第1、第2巻):産休・育休取得者、人事担当者
視聴対象(第3巻): 管理職、男性の育休取得者

待機児童の解消等、様々な子育て支援策により、産休・育休制度の取得者は今後さらに増加すると予想され、企業側にもキャリアのある人材を引き留めるための対応や支援策が求められています。

女性がスムーズに職場復帰するためには、本人の努力だけでなく、管理職が制度の内容と取得者本人の状況をよく理解することが大切です。

第1巻では、産休・育休の期間、受給金額から通勤時の注意点、業務の引継ぎ等を解りやすく説明。
第2巻では、スムーズに復帰するための知識と仕事と育児、両立のノウハウを盛り込んでいます。
第3巻は、管理職が知っておかなければならない産休・育休の基礎知識と、育休取得を希望する男性向けの内容です。

内容(Chapter)

  1. 第1巻 産休・育休の基礎知識 (収録時間 約30分)
    ■プロローグ
    ■ライフ&キャリアプランを立てよう
    ■産休・育休の基礎知識
    ■働く妊産婦のための制度と復職後の制度
    ■妊娠中 安全に通勤するには
    ■妊娠中の仕事の進め方
    ■業務引継ぎのポイント
    ■産休・育休中の過ごし方
    ■出産にかかる費用
    ■出産に関わる給付金
    ■エピローグ

    第2巻 仕事と育児 両立のポイント (収録時間 約30分)
    ■プロローグ
    ■産後休暇・育休中の過ごし方
    ■子どもの預け先の種類と選び方
    ■職場復帰の準備
    ■復帰後の仕事と育児
    ■エピローグ

    第3巻 産休・育休への対応と男性の育休 (収録時間 約30分)
    ■プロローグ 部下から妊娠の報告があったら
    ■産休・育休に関わる制度
    ■産休・育休がもたらす効果
    ■部内の仕事の見直し――引継ぎの指導
    ■産休前面談
    ■復帰後面談
    ■これからは男性も育休を!

    付録:テキスト(全巻)

監修者プロフィール

河野 真理子(こうの まりこ)

1958年生まれ。1981年聖心女子大学卒業。前キャリアネットワーク代表取締役社長。パイオニアグループの人事人材総合サービス会社。人材育成・研修事業、キャリア相談事業を中心とした事業を行っている。女性のライフ&キャリアプラン関連の分野に強みがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

安藤 博子(あんどう ひろこ)

平成5年度より人事人材総合サービス会社キャリアネットワークにてキャリア開発・支援両面での企業・個人双方へのコンサルテーションに従事。様々な企業や行政の研修、セミナーで講師を務める。 

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

渥美 由喜(あつみ なおき)

東レ経営研究所 ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長。1968年生まれ、東京大学法学部を卒業後、富士総合研究所(現・みずほ情報総研)、富士通総研を経て現職。国内外のワーク・ライフ・バランスや業務の効率化に取り組む先進企業750社を訪問ヒアリングし、3,000社のデータを分析。最近では、コンサルタントとして多数の企業の取り組み推進を支援、タイムマネジメントの導入にも取り組んでいる。内閣府「少子化社会対策推進会議」、「ワークライフバランス官民連絡会議」、厚生労働省「イクメンプロジェクト」委員等の公職を歴任。 <主な著書>『イクメンで行こう!』(日本経済新聞出版社)がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading