上手なスピーチやプレゼンテーションは人生の大きな武器になる。しかし自分の声や話し方にコンプレックスを持っている人も多い。ベテランアナウンサーが発声法と話し方のノウハウを惜しみなく伝授する。

大橋照子の話し方教室
だれでも理想的な声になれる

定価:本体1,400円+税
発売日:2009年08月27日
ISBN:978-4-532-49061-4
並製/四六判/192ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

上手なスピーチやプレゼンテーションは人生の大きな武器になる。しかし自分の声や話し方にコンプレックスを持っている人も多い。ベテランアナウンサーが発声法と話し方のノウハウを惜しみなく伝授する。

著者はラジオDJの全盛期を築いた立役者の一人。話し方だけでなく、「誰でも理想的な(アナウンサーのような)声に変わる」ノウハウが満載です。著者によるボイスサンプルCD付きです。

目次

  1. 序 章 アガらずに話したい

    第1章 必ず声は変わる ――症状別、声の磨き方――
    第2章 話し方
    第3章 話の内容
    第4章 見た目・動作
    第5章 スピーチ、プレゼンテーション―大勢の前でアガらず上手に話す 直前練習法

    あとがき

著者・監修者プロフィール

大橋 照子(おおはし てるこ)

フリーアナウンサー。「大橋照子アナの話し方教室」主宰。NPO法人「日本スピーチ・話し方協会」代表理事。山口県生まれ。慶應義塾大学文学部ドイツ文学科卒。日本短波放送(現・日経ラジオ社)にアナウンサーとして入社。「ヤロメロ」などDJ番組を担当。その後フリーとなり、「大橋照子のラジオはアメリカン」(TBSラジオ)、「ルックルックこんにちは」(日本テレビ)などに出演。5年間アメリカ・サンフランシスコに滞在、現地の「ラジオ毎日」で番組を持つ。帰国後、日本テレビ、TBSラジオ、文化放送などに出演・番組担当。現在、「大橋照子のドキドキラジオ」「私の書いたポエム」(日経ラジオ社)、テレビ番組のナレーションなどで活躍中。「会津バス」車内アナウンス、遊覧船「松島ベイクルーズ」の船内アナウンスなどを担当。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading