行政書士試験の本格的学習を始める前に読んでおきたい「はじめの1冊」。法律初学者向けに試験の全体構造をわかりやすく解説。

うかる! 行政書士 入門ゼミ 2019年度版

伊藤塾
定価:本体1,600円+税
発売日:2018年11月21日
ISBN:978-4-532-40976-0
並製/A5判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

大型書店チェーンの行政書士・入門書部門で6年連続売上No.1(2012年11月から2018年8月)!
初めて学習する人は、まず読んでおきたい「はじめの1冊」!
試験の全体構造がよくわかる、おすすめの入門書です!

●まずは全体像をおさえて土台作り 
行政書士試験は、憲法、民法などの法令科目に加え、政治・経済・社会などの一般知識等も出題され、学習範囲が広いのが特徴。いきなり詳しく書かれた書籍で学習するのではなく、まずは試験の基本的な全体構造を理解することが重要です。本書では、行政書士試験そのものや憲法、民法などの各科目の全体像、そして体系をわかりやすくイメージできるようにしてあります。最初に全体像を押さえておくと、本格的な学習に入ったときの理解度に差が出ます!

●初学者にも安心、充実のガイダンス
行政書士の資格や試験概要はもちろん、法律の勉強方法や学習の進め方などを詳しく紹介。本試験日までに、いつ、何をやっておけばよいかを示した学習モデルプランや、学習の進み具合を確認できる、学習進度表も掲載してあります。

●イラストや図表が豊富
各チャプターの学習内容をイラストや関係図で紹介。ビジュアルでイメージできるので、そのあとの理解に差が出ます。文章だけではわかりにくい制度などは、図表にスッキリまとめてあります。

●身近な具体例が豊富
法律初心者でもイメージしやすい身近な具体例を多数掲載。具体的な場面を思い浮かべることで、法律への理解が深まります。

●合格後がイメージできる!
行政書士としてすでに活躍している先生方の業務と1日のスケジュールを紹介。合格後がイメージでき、いっそう勉強が楽しくなります!

●シリーズで使えば学習効果アップ!
『うかる!行政書士 総合テキスト 2019年度版』とリンク。本書から『総合テキスト』へスムーズに移行できます。

目次

  1. ガイダンス

    Part1 憲法入門

    Part2 民法入門

    Part3 商法入門

    Part4 行政法入門

    Part5 基礎法学入門

    Part6 一般知識等入門

著者・監修者プロフィール

伊藤塾(いとうじゅく)

司法試験、司法書士、行政書士試験など法律科目のある資格試験や公務員試験の合格者を多数輩出している受験指導校。特に司法試験の合格実績はよく知られている。また合格後を見据えた受験指導を行っていることでも評価されている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading