グローバル化+デジタル化で仕事は、社会はどう変わるのか。国際経済学の第一人者が歴史の検証を踏まえて見通す衝撃的な未来。

GLOBOTICS (グロボティクス)
グローバル化+ロボット化がもたらす大激変

定価:本体2,200円+税
発売日:2019年11月19日
ISBN:978-4-532-35840-2
並製/四六判/380ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

破壊的変動の先にある未来とは?
農業から工業へ。モノからサービスへ。そして今始まった「グロボスティクス転換」。
国際経済学の大家が、デジタル革命のかつてない衝撃を歴史的な視点から捉える。

「新しい経済の姿を描いた、これまでで最もすぐれた本だ」(ローレンス・サマーズ、ハーバード大学名誉学長、元米国財務長官)


〇グローバル化とロボット化が同時並行で進む経済の潮流が「グロボティクス」だ。それは、従来のグローバル化、自動化とは異なり、変化のスピードが人間の適応力を超えるほど凄まじく速く、そして著しい不公平をもたらす。それがゆえ、人間社会に激的な変化をもたらす。

〇最大の衝撃を受けるのはサービス分野や専門職の仕事だ。デジタル技術が言語、人材の壁を超え、国境の内側に閉じ込められてきたサービスが解放され、一挙に、人材とサービスの世界市場が誕生する。世界各国で経済の70%以上を占めるサービスでグローバル市場が実現すれば、安定的な仕事・賃金によって支えられてきた社会の安定性は危機を迎える。特に、ホワイトカラーへの打撃は痛烈なものとなる。働き手を保護する政策が必要になる。

〇デジタル革命のもとで進む苛烈なグローバル競争のもとで、富の分布は大きく変わる。中間層は崩壊し、不公平感が一挙に高まる。グロボティスへの強い反発がポピュリズムの広がりとともに急速に強まる。政府は何ができるのか。人間はどのような社会をめざすべきなのか。個人が激しく競争する社会か、ローカル色の豊かな、人間的なコミュニティを基盤とする社会か――。

○著者は大きな変動とポピュリズムを背景とする大きな反動を経た後に、より人間的な社会、地域性の豊かな社会が出現すると、ユニークな展望を示す。

〇前作『世界経済 大いなる収斂』で情報通信技術が世界経済をどう変えてきたのかを、経済理論を踏まえて説き明かし、高い評価を得た国際経済学の第一人者が、テレマイグランツ(遠隔移民:RIなどのデジタル技術によるバーチャルな移民)、AI、RPA(ロボットによる業務の自動化)、機械翻訳などのデジタル技術がもたらす経済・雇用・所得分布へのインパクトをとらえ、幅広い読者層に向け、デジタル経済の未来を問う。

目次

  1. 第1章 はじめに

     第Ⅰ部 歴史の転換、激変、反動、解決
    第2章 大転換:我々は過去にも経験している

    第3章 第二の大転換:モノから思考へ

     第Ⅱ部 グロボティクス転換
    第4章 グロボティクスを牽引するデジタル技術の衝撃

    第5章 遠隔移民とグロボティクス転換

    第6章 自動化とグロボティクス転換

    第7章 グロボティクスによる破壊的変動

    第8章 グロボティクスが招く反動とシェルタリズム

    第9章 グロボティクス問題の解決:人間らしく、地域性豊かな未来

    第10章 定められた未来はない:新しい仕事に備える

著者・監修者プロフィール

リチャード・ボールドウィン(りちゃーど・ぼーるどうぃん)

ジュネーブ高等国際問題・開発研究所教授、経済政策研究センター(CEPR)の政策ポータルサイトVoxEU.orgファウンダー
米マサチューセッツ工科大学(MIT)Ph.D.ブッシュ(父)政権で大統領経済諮問委員会シニア・エコノミストとしてウルグアイ・ラウンド、日米間の貿易交渉を担当。グローバリゼーションに関連して、世界各国の政府、国際機関に助言活動を行う。前著『世界経済 大いなる収斂』は2016年エコノミスト誌、フィナンシャル・タイムズ紙のベストブックに選出されている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

高遠 裕子(たかとお ゆうこ)

翻訳者
おもな訳書にレヴィット他『レヴィット ミクロ経済学(基礎編・発展編)』、ゴードン『アメリカ経済 成長の終焉(上・下)』(共訳)、キンドルバーガー他『熱狂、恐慌、崩壊』、ターナー『債務、さもなくば悪魔』など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading