ビッグデータ時代の経済原理、AIとビッグデータが拓く世界の光と影。情報経済論の第一人者が新しい経済の姿と問題を提示する。

データ資本主義
21世紀ゴールドラッシュの勝者は誰か

定価:本体1,600円+税
発売日:2019年09月19日
ISBN:978-4-532-35831-0
上製/四六判/268ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

■データを制する者が世界を制するのか?ビッグデータを使う能力次第で価値が決まる。GAFAも決して安泰ではない――。まったく新たな科学的方法論に基づくビッグデータ主導の経済・社会の構図、問題点を明らかにします。

■ビッグデータが動かす経済社会、「データ資本主義」が台頭してきました。ビッグデータは経済取引、経済構造を変革しつつあるが、新しい問題も引き起こしつつあります。ごく一握りの企業によって市場が支配され、監視社会がもたらされる可能性もあります。本書は、情報経済論の第一人者が、従来の歴史をまったく塗り替えつつあるビッグデータ経済の姿と、それを貫く論理、その問題点、可能性をわかりやすく解き明かします。

■本書では、ビッグデータの概要、AIによるパタン認識、ビッグデータ・ビジネスを支えるプロファイリングとその応用、ビッグデータが提示する新しい科学的方法論、データサイエンスの役割、プラットフォーム企業の支配力、ビッグデータの将来、監視社会の可能性をテーマとして取り上げ、それぞれの背景、現状について平易に解説するとともに、データ資本主義が今後、どのような可能性を秘めているのかについて展望します。

■著者はビッグデータ・ビジネスの本質を深く掘り下げます。ビッグデータの中でも最も注目されるのがプロファイリングとその技術にかかわるものであることを浮き彫りにします。この点でGAFAの中でもビッグデータを本当に収益源としているのはグーグル、フェイスブックの2社だけであり、今後、GAFA、BATといわれる巨大プラットフォーム企業の命運は分かれる可能性がある、巨大IT企業を従来の独禁法の概念でしばることはできない、情報銀行などで本当に意味のあるビッグデータを集められるのか、などと問題提起します。そして、プロファイリングをもとにした監視社会の出現という点で中国について最も警戒すべきだが、その可能性は中国に限らないことなど、注目に値する論点を明らかにします。

編集者より

いまや、世界で最も市場価値の高い巨大企業となったグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンも、決して安泰ではない――情報経済論の第一人者、野口悠紀雄氏が独自の観点からビッグデータを主役とするデータ駆動型経済・社会の構図、問題点を明らかにします。

・ビッグデータとは、実際、どの程度の大きさなのか?
・ビッグデータをもとにしてAIで利用されるパターン認識とは?
・ビッグデータ・ビジネスの基本となっている「プロファイリング」や「スコアリング」技術とは何か?
・ビッグデータは科学的方法論をどう変えたか?
・データサイエンスの役割とは?
・GAFAを筆頭とするプラットフォーム企業のビジネスモデルとは?
・プラットフォーム企業の市場支配力の源泉は何か? 
・ビッグデータ・ビジネスはこれからも高い収益性を維持できるのか?
・データ有償化ビジネスは成り立つのか?
・ビッグデータ時代は監視社会化を招かないか?

本書は、このような疑問を解き明かし、さらに問題を掘り下げます。著者は、

「ビッグデータは人々の日常に関わるデータと10億倍も大きさが違う」
「ビッグデータは個々のデータには価値がない」
「パターン認識は産業や生活を変える」
「AIを利用した個人の属性分析=プロファイリングこそビッグデータ・ビジネスの根幹をなす」
「ビッグデータの価値がプラットフォーム企業の時価総額のほとんどを占める」
「独占禁止法の適用によるプラットフォーム企業の規制は有効性が低い」
「データ有償化にはクリアすべき難問がある」
「中国のITが世界最高となることへの懸念」
などなど、興味深い視点を次々と提示します。

日本はこうしたビッグデータを利用するビジネスには大きく立ち後れてしまっています。その原因は、企業のビジネスモデルのあり方、教育・研究体制にあると著者は警鐘を鳴らします。
本書は、著者の現状への強い危機感に基づいて執筆されました。ビッグデータ時代の可能性と問題点を理解する上で、参考にすることのできる視点を豊富に提供する本です。

(2019.9.12)

目次

  1. はじめに データを制するものは世界を制するか

    第1章 ビッグデータは日常と「天文学的に」違う

    第2章 ビッグデータによるパタン認識

    第3章 ビッグデータによるプロファイリング

    第4章 理論駆動科学からデータ駆動科学へ

    第5章 データサイエンスの役割

    第6章 データ資本主義とプラットフォーム企業

    第7章 プラットフォーム企業の支配力にどう対抗するか

    第8章 ビッグデータの将来

    第9章 監視社会への道?

著者・監修者プロフィール

野口 悠紀雄(のぐち ゆきお)

早稲田大学ビジネス・ファイナンスセンター顧問。一橋大学名誉教授。
1940年生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年イェール大学Ph.D取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より現職。一橋大学名誉教授。専門はファイナンス理論、日本経済論

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading