勝ち抜くのはアメリカか中国か、インドはどのような大国になるのか――。コンドラチェフ波動を駆使してこれから30年の世界を予測。

2050年の経済覇権
コンドラチェフ・サイクルで読み解く大国の興亡

定価:本体2,000円+税
発売日:2019年09月18日
ISBN:978-4-532-35815-0
並製/四六判/288ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

トランプ大統領によって世界の盟主の役割を変えようとするアメリカ、経済覇権をめぐってアメリカとの摩擦が激化する習体制の中国、人口規模で中国を凌駕するインド、大国の狭間で漂う日本――。2050年に向けて新しい世界秩序がどのようになるのかは、多くのビジネスパーソンにとって重大な論点です。60年の超長期の景気循環であるコンドラチェフ・サイクルに基づく長期サイクル論をもってすれば、覇権国家の興亡も併せて長期の世界像を読み解くことが可能です。

本書は、2050年の世界経済・覇権国を読み解く政治経済予測の書。軍事力・科学技術、人口、国際収支、交易条件の動向も併せて次の覇権国、経済秩序を予測します。

長期サイクル論は、圧倒的国力を持ったひとつの国(世界大国)が国際公共財を供給して、世界秩序を維持し、世界大国の力が衰えると、世界秩序は不安定になり、覇権継承戦争が起こり、その中から次の世界大国が出現するというもの。世界経済の超長波を上昇30年、下降30年の計60年が1周期であるコンドラチェフの超長波ととらえ、それが世界政治システムの長期サイクルと連結しているとします。

目次

  1. 序 章 次の勝者はどこか

    第1章 コンドラチェフ・サイクルと経済覇権

    第2章 コンドラチェフ・サイクルを計測する

    第3章 軍事力・科学技術力からみた覇権

    第4章 人口動態からみた経済覇権

    第5章 国際収支からみた経済覇権

    第6章 相対価格で世界経済を捉える

    第7章 名目GDP・実質成長率・1人当たりGDPからみた経済覇権

著者・監修者プロフィール

嶋中 雄二(しまなか ゆうじ)

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 景気循環研究所長
1955年東京生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒。三和銀行入行。83年退職後、フランス・リヨン経営大学院留学、86年早稲田大学大学院経済学研究科修士課程終了。(社)日本経済研究センター研究員、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)投資調査部長兼主席研究員、三菱UFJ証券参与 景気循環研究所長などを経て、2010年から現職。早稲田大学大学院公共経営研究科客員教授。景気循環学会常務理事。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所(みつびしUFJもるがん・すたんれーしょうけんけいきじゅんかんけんきゅうじょ)

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading