モノの移動からアイデア、人そのものが移動する時代へ。これまでの常識、政策が通じない、世界経済の大収斂を展望する。

世界経済 大いなる収斂
ITがもたらす新次元のグローバリゼーション

定価:本体3,500円+税
発売日:2018年02月20日
ISBN:978-4-532-35763-4
上製/四六判/400ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

〇情報通信技術は世界の姿を一変させ、さらにグローバル化は進む。保護主義は時代錯誤だ。貿易ではなく、知識のフローの変化こそが重要なのだ。いまこそグローバル化の真実に目覚める時だ――。本格派国際経済学者が放つ話題の書。

〇人類史上のグローバル化の歴史を整理し、産業革命以前を「グローバル化前史」、産業革命以降、1990年以前を「オールド・グローバリゼーション」、90年代以降を「ニュー・グローバリゼーション」と名づける。産業革命以降のグローバル化により、先進国と新興国という「大いなる分岐」が進んだ。しかし、90年代以降のコミュニケーション技術の進歩により、モノ、アイデアの移動の制約が著しくなくなり、グローバル・バリューチェーン革命により、グローバル化の質が大きく変化、世界の富の分布が変わり、G7諸国と一握りの新興国との経済は収斂しつつあると論じる。そして、さらなる情報テクノロジーの進歩により、ヒトの移動さえ制約が解消されるグローバル化の未来を大胆に展望します。

〇最新の国際経済学の研究をもとに、収斂が進むグローバル化のリアルな姿を、豊富なデータ、日本をはじめとする各国の経験をもとに説得力豊かに描き出します。また、従来の比較優位理論や貿易政策・産業政策はもはや有効ではない、と説きます。世界の現実を理解するうえで欠かせない必読書です。

目次

  1. 序 章

    第Ⅰ部 グローバリゼーションの長い歴史をざっと振り返る
    第1章 人類の拡散と第一のバンドリング
    第2章 蒸気革命とグローバリゼーションの第一のアンバンドリング
    第3章 ICTとグローバリゼーションの第二のアンバンドリング

    第Ⅱ部 グローバリゼーションのナラティブを拡張する
    第4章 グローバリゼーションの三段階制約論
    第5章 何が本当に新しいのか

    第Ⅲ部 グローバリゼーションの変化を読み解く
    第6章 グローバリゼーション経済学の基礎
    第7章 グローバリゼーションのインパクト その変化を解き明かす

    第Ⅳ部 なぜそれが重要なのか
    第8章 G7のグローバリゼーション政策を見直す
    第9章 開発政策を見直す

    第Ⅴ部 未来を見据える
    第10章 グローバリゼーションの未来

著者・監修者プロフィール

ボールドウィン,リチャード(ぼーるどうぃん りちゃーど)

ジュネーブ高等国際問題・開発研究所教授、経済政策研究センター(CEPR)ディレクター(ロンドン)
米マサチューセッツ工科大学(MIT)Ph.D. MITでポール・クルーグマンの指導を受け、数多くの論文を共同執筆。ブッシュ(父)政権で大統領経済諮問委員会シニア・エコノミストとしてウルグアイ・ラウンド、日米間の貿易交渉を担当。国際貿易、グローバリゼーション、リージョナリズム、欧州統合などについて研究。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

遠藤 真美(えんどう まさみ)

翻訳家
主な訳書にマーティン・ウルフ『シフト&ショック』、フェリックス・マーティン『21世紀の貨幣論』、ジャスティン・フォックス『合理的市場という神話』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading