ポピュリズム、孤立主義、ナショナリズムは何を壊すか。世界を繁栄させた自由民主主義の終わりの始まりを著名ジャーナリストが警告!

「西洋」の終わり
世界の繁栄を取り戻すために

定価:本体2,000円+税
発売日:2017年07月07日
ISBN:978-4-532-35737-5
上製/四六判/352ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「池上彰の大岡山通信 若者たちへ」にて、「教え子たちと読んだ本」として紹介されました!
NHK「おはよう日本」にて紹介されました!
日経新聞、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、日経ヴェリタス、日経ビジネス、週刊ダイヤモンド……各紙誌で話題! !

大ベストセラー著者が先進国の未来に警鐘を鳴らす!


■グローバル化の進展がもたらした不平等の拡大を背景に、世界中で移民排斥や孤立主義を訴える政党の支持率が上昇し、世界は急速に閉鎖的な空間になりつつある。
■蔓延するポピュリズムは、第二次世界大戦以降の西側先進国の「繁栄」を実現してきた「西洋」の理念――開放性と平等――を捨て去り、各国の協調関係を分断し、一国内でも断絶を引き起こすかもしれない。
■私たちはいま、「西洋の繁栄」の終わりの始まりにいる。それを避けるために、一人ひとりと国家は何をすべきか?
■知日派として名高い国際ジャーナリストが、米国、英国、欧州、日本、スイス、スウェーデンを事例に「自由」と「豊かさ」を守るためにいま取るべき行動を提言する。

目次

  1. 序   西洋という理念

    第1章 戦いを開始しろ

    第2章 不平等と公平性

    第3章 民主主義と自縄自縛

    第4章 アメリカを正道に戻す

    第5章 イギリス、彼らのイギリス

    第6章 欧州の麻痺

    第7章 日本という謎

    第8章 スウェーデンとスイスのフーディーニ

    第9章 シルバーヘアとスマート・ドローン

    第10章 野蛮な来訪者

    第11章 西洋の運命

著者・監修者プロフィール

ビル・エモット(びる・えもっと)

ジャーナリスト
1956年イギリス生まれ。80年に英「エコノミスト」誌ブリュッセル支局に参加。ロンドンでの同誌経済担当記者を経て1983年に来日、東京支局長としてアジアを担当。86年に金融担当部長として帰国、その後ビジネス部門編集長となり、1993-2006年、同誌編集長を務める。1990年、日本のバブル崩壊を予測した『日はまた沈む』がベストセラーに。2006年には日本の経済復活を宣言した『日はまた昇る』が再び話題となる。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

伏見 威蕃(ふしみ いわん)

翻訳家。1951年生まれ、早稲田大学商学部卒。ノンフィクションからミステリー小説まで幅広い分野で活躍中。ボブ・ウッドワードの『ブッシュの戦争』『ディープ・スロート 大統領を葬った男』、トーマス・フリードマンの『フラット化する世界』『遅刻してくれて、ありがとう』など訳書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading