法人税改革はもとより、租税特別措置の見直し、サービス産業、ベンチャー企業のパワーを高める措置、女性労働力化、自立支援のための仕組み、格差の是正など、経済力を高めるための税制全体にわたる改革を提案。

税で日本はよみがえる
成長力を高める改革

定価:本体3,000円+税
発売日:2015年03月25日
ISBN:978-4-532-35633-0
上製/四六判/344ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

法人税改革はもとより、租税特別措置の見直し、サービス産業、ベンチャー企業のパワーを高める措置、女性労働力化、自立支援のための仕組み、格差の是正など、経済力を高めるための税制全体にわたる改革を提案。

著者は、財務省出身だが、中立的な立場から税を論じられる、先見性のある第一人者。「ダイヤモンド・オンライン」定期寄稿者でもある。

目次

  1. 第1章 税は国の未来を変える

    第2章 究極の法人税改革

    第3章 税の攻防:企業vs.国家

    第4章 税で促す個人の自立

    第5章 税で女性のパワーを引き出す

    第6章 マイナンバーを活用せよ

    第7章 資産・所得格差と税制

    第8章 少子高齢化のモデルとなるグローバル時代の税制

著者・監修者プロフィール

森信 茂樹(もりのぶ しげき)

東京財団政策研究所研究主幹、中央大学法科大学院特任教授。(一社)ジャパン・タックス・インスティチュート代表理事、法学博士(租税法)
1950年広島生まれ、73年京都大学法学部卒業、大蔵省入省。証券局調査室長、主税局調査課長、税制第2課長、主税局総務課長、東京税関長、財務総合政策研究所長などを歴任。中央大学法科大学院教授などをへて現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading