これまでにない平易さ、見やすさで好評の『ハバード経済学』シリーズ姉妹編。日本経済の歩み、日本企業や経営者の事例、経済政策など、日本の話題をもとに経済学の初歩的な考え方が理解できる新感覚の経済入門書。

ハバード経済学 準備体操編

定価:本体2,500円+税
発売日:2015年03月27日
ISBN:978-4-532-35627-9
並製/A5判/296ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

これまでにない平易さ、見やすさで好評の『ハバード経済学』シリーズ姉妹編。日本経済の歩み、日本企業や経営者の事例、経済政策など、日本の話題をもとに経済学の初歩的な考え方が理解できる新感覚の経済入門書。

「実例で見る日本」「経済学で捉える日本」「記事で読む日本経済」という3つのコラムを交えて、経済学の基本と日本経済を、奥行き深く理解できる。オールカラー。

目次

  1. 第Ⅰ部 日本経済のあゆみ
     第1章 日本経済のいま

     第2章 成長への基盤をどのように築いたのか

     第3章 所得倍増はなぜ実現したのか

     第4章 石油ショックをどのように乗り越えたのか

     第5章 バブル経済とは何か

     第6章 デフレ経済とは何か

    第II部 日本経済のゆくえ
     第7章 日本は世界と戦えるのか

     第8章 日本の企業経営はすぐれているのか

     第9章 日本の消費者は豊かなのか

     第10章 日本は財政を立て直せるのか

     第11章 我々は地球を守れるのか

     第12章 日本経済のこれから

著者・監修者プロフィール

竹中 平蔵(たけなか へいぞう)

慶應義塾大学総合政策学部教授・グローバルセキュリティ研究所所長。
1951年和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒業。大阪大学博士(経済学)。日本開発銀行設備投資研究所研究員、大蔵省財政金融研究所主任研究官、ハーバード大学客員准教授、米国国際問題研究所(IIE)客員フェロー、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て、2001年に発足した小泉純一郎内閣において、経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。現在は、安倍晋三内閣において、産業競争力会議議員、国家戦略特別区域諮問会議議員を務めるほか、公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、株式会社パソナグループ取締役会長などを兼任。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

真鍋 雅史(まなべ まさし)

嘉悦大学ビジネス創造学部准教授。
1979年千葉県生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程単位修得満期退学。大阪大学博士(応用経済学)。参議院議員公設第一秘書、大阪大学大学院医学系研究科特任研究員、兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科准教授などを経て、現職。大阪大学大学院医学系研究科招聘准教授、北京大学日本研究中心客員研究員、一般社団法人日本看護質評価改善機構理事、大阪府特別参与、大阪市特別参与などを兼任。専門は、経済統計学、医療経済学、政策研究。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

小野 展克(おの のぶかつ)

嘉悦大学ビジネス創造学部教授、経済ジャーナリスト。
1965年北海道生まれ。慶應義塾大学文学部社会学専攻卒業。共同通信社編集局経済部で記者として財務省、農林水産省、金融庁などの中央省庁、大手銀行、航空会社などを担当。経済産業省キャップ、日本銀行キャップ、編集局経済部次長などを経て、現職。近著に『JAL 虚構の再生』(講談社文庫)、『企業復活』(講談社)などがある。
専門は、ジャーナリズム論、公共政策論、日本企業論。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading