世界のエリートが読んでいる英『エコノミスト』誌執筆陣が書いた「いまどき経済学」ガイド。生きた経済の幅広い話題を踏まえて経済学の重要なコンセプトを解説。経済問題を読み解く経済学の知恵を身につけられる。

英エコノミスト誌のいまどき経済学

定価:本体2,000円+税
発売日:2014年09月29日
ISBN:978-4-532-35606-4
並製/四六判/326ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

世界のエリートが読んでいる英『エコノミスト』誌執筆陣が書いた「いまどき経済学」ガイド。生きた経済の幅広い話題を踏まえて経済学の重要なコンセプトを解説。経済問題を読み解く経済学の知恵を身につけられる。

世界のエリート、リーダー層が読む英『エコノミスト』誌の記者が、一般読者向けに解説した、「生きた」経済学ガイド。

目次

  1. <第1部 経済学とはいったい何?>

    ■第1章 経済学の基本をめぐる議論

    ■第2章 経済はどのように成長するか

    ■第3章 マクロ経済のマネジメント―財政政策と金融政策

    ■第4章 ミクロ経済学―万物の経済学

    <第2部 欠陥と処方箋―経済学の未来>

    ■第5章 経済学の失敗

    ■第6章 進化しつつある分野

    ■第7章 新進気鋭の経済学者たち

著者・監修者プロフィール

サウガト・ダッタ(さうがと・だった)

英エコノミスト誌経済学担当記者

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

松本 剛史(まつもと つよし)

翻訳家
訳書にストーン、パットンほか『話す技術 聞く技術』コガン『紙の約束』ダッタ『英エコノミスト誌のいまどき経済学』ダイヤー『米中 世紀の競争』(以上、日本経済新聞出版社)チョムスキー『アメリカを占拠せよ! 』(ちくま新書)、シャーウッド『サバイバーズ・クラブ』(講談社インターナショナル)、ヒューズ『対テロ戦争株式会社』(河出書房新社)、 ブース『暗闇の蝶』 (新潮文庫) など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading