我々はどこで間違ったのか? グリーンスパンが金融危機で明らかになった経済予測とリスク管理の矛盾、不合理な行動をする人間の「アニマル・スピリット」の本質に迫る!中国に関する章を追加した最新版の邦訳。

リスク、人間の本性、経済予測の未来

定価:本体2,800円+税
発売日:2015年09月24日
ISBN:978-4-532-35605-7
上製/四六判/448ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

我々はどこで間違ったのか? グリーンスパンが金融危機で明らかになった経済予測とリスク管理の矛盾、不合理な行動をする人間の「アニマル・スピリット」の本質に迫る!中国に関する章を追加した最新版の邦訳。

『波乱の時代』以来、グリーンスパンの久々の新著。経済予測に内在する本質的な誤りを分析した話題作。

目次

  1. 序 章

    第1章 アニマル・スピリット

    第2章 危機が始まり、強まり、鎮まる

    第3章 危機のルーツ

    第4章 株価と資産効果

    第5章 金融と規制

    第6章 縦帆船による情報収集など

    第7章 不確実性が投資を弱める

    第8章 生産性――経済の成功を測る究極の指標

    第9章 生産性と権利の時代

    第10章 文化

    第11章 グローバリゼーション、所得格差、ジニ係数と縁故主義の広がり

    第12章 中国

    第13章 お金とインフレーション

    第14章 バッファー

    第15章 最終的に重要なのは……

著者・監修者プロフィール

アラン・グリーンスパン(あらん・ぐりーんすぱん)

1926年生まれ。ニューヨーク市マンハッタンの北部にあるワシントンハイツ地区で育つ。
ジュリアード音楽院でクラリネットを専攻し、プロの音楽家として働きながらニューヨーク大学にて経済学を学び学士号、修士号、博士号を取得。
1954年、コンサルティング会社タウンゼント・グリーンスパンを共同創業。
1974年から1977年にかけて、ジェラルド・フォード政権で大統領経済諮問委員会(CEA)委員長を務める。
1987年、ロナルド・レーガン大統領によってFRB議長に指名され、2006年に引退するまでその職責にあった。
著書に日米で大ベストセラーとなった『波乱の時代』がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

斎藤 聖美(さいとう きよみ)

ジェイ・ボンド東短証券代表取締役
1950年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。日本経済新聞社、ソニー勤務の後ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。モルガンスタンレー投資銀行のエグゼクティブ・ディレクターなどを経て独立。数々の企業立ち上げに携わり、現在はジェイ・ボンド東短証券代表取締役。著訳書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading