TPPで一体何がどう変わるのか? 米国の第一級の研究者が交渉参加国の担当大臣、交渉官、財界リーダーたちから入手した情報に基づき、重要ポイントを解説。専門家でもわかりにくい交渉の内情を明らかにする。

定価:本体1,500円+税
発売日:2013年10月29日
ISBN:978-4-532-35581-4
上製/四六判/200ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

TPPで一体何がどう変わるのか? 米国の第一級の研究者が交渉参加国の担当大臣、交渉官、財界リーダーたちから入手した情報に基づき、重要ポイントを解説。専門家でもわかりにくい交渉の内情を明らかにする。

妥結間近の今だからこそ知りたい!TPPの全体像

日本にとってのTPPの意義や取り組みについて、監訳者が巻末で解説。交渉が本格化し、議論が高まるTPP問題を客観的、コンパクトに理解できます。

目次

  1. 第1章 イントロダクション

    第2章 TPP交渉参加国--似たもの同士か? 同様の考えを持っているか?

    第3章 交渉の範囲と交渉の領域

    第4章 TPP交渉の争点

    第5章 拡大するTPP交渉参加国

    第6章 TPPからアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)への道筋

    第7章 中国はどうなるのか?

    第8章 結 論

    解説 世界と日本にとってのTPP

著者・監修者プロフィール

ジェフリー・J・ショット(じぇふりー・じぇい・しょっと)

ピーターソン国際経済研究所シニア・フェロー。米財務省、カーネギー平和財団を経て1983年よりピーターソン国際経済研究所所属。国際貿易、エネルギー問題が専門。現在、米商務省貿易・環境政策アドバイザリー委員会および米国務省国際経済政策アドバイザリー委員会メンバー。
NAFTA and Climate Change (2011), Figuring Out the Doha Round (2010), NAFTA Revised (2005), Free Trade Agreements (2004) などの著書(共著、編著含む)がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

バーバラ・コトチュウォー(ばーばら・ことちゅうぉー)

ピーターソン国際経済研究所リサーチ・アソシエイト

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

ジュリア・ミュール(じゅりあ・みゅーる)

ピーターソン国際経済研究所リサーチ・アナリスト

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

浦田 秀次郎(うらた しゅうじろう)

早稲田大学教授

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

前野 高章(まえの たかあき)

日本大学助手。1978年生まれ。日本大学経済学部卒業、Carleton University(カナダ)修士課程M.A.(Economics専攻)取得、日本大学大学院経済学研究科博士後期課程満期退学後、2009年より現職。専門は、国際経済学、国際貿易論。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

三浦 秀之(みうら ひでゆき)

杏林大学専任講師。1982年生まれ。上智大学比較文化学部卒業後、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士課程、同博士課程修了、博士(学術)。アジア開発銀行研究所研究員、早稲田大学アジア太平洋研究センター助手を経て現職。専門は国際関係論、国際政治経済学、通商政策論。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading