「地域包括ケア」や「24時間定期巡回」の開始をはじめとする介護保険制度の改正内容のほか、介護報酬見直しや、中長期に医療・介護・地域の連携がどう進むかなど、多様な新制度を図解を用いてわかりやすく解説。

よくわかる介護保険のしくみ
2012年度改正に対応

定価:本体1,800円+税
発売日:2012年07月27日
ISBN:978-4-532-35525-8
並製/A5判/272ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「地域包括ケア」や「24時間定期巡回」の開始をはじめとする介護保険制度の改正内容のほか、介護報酬見直しや、中長期に医療・介護・地域の連携がどう進むかなど、多様な新制度を図解を用いてわかりやすく解説。

「介護士による一部医療行為認可」「有料老人ホームの利用者保護」「市民後見人の育成」など、重要な改正ポイントを解説します。

目次

  1. はじめに
    第I部 制度改正と報酬改定でどう変わる?--平成24(2012)年度からの介護保険の変更点
     第1章 介護保険制度は平成24年度改正でどう変わる? 
     第2章 介護報酬はどう変わる?--平成24年度改定のポイント
    第II部 介護保険のしくみ(基礎編) 
     第3章 介護保険制度の全体像
     第4章 介護保険を利用できる資格と判定のしくみ
     第5章 保険給付
    第III部 介護保険のしくみ(応用編)
     第6章 ケアマネジャーと事業者・施設
     第7章 地域支援事業など
     第8章 介護保険事業計画
     第9章 費用・財政安定化基金・医療保険者納付金
     第10章 そのほかの介護保険のしくみ
    おわりに
    資料
    主要事項索引

著者・監修者プロフィール

牛越 博文(うしこし ひろふみ)

社会医療法人財団石心会(川崎幸病院・狭山病院等)本部事務局経営企画部長。1962年生まれ。1987年日本生命保険相互会社に入社後、ドイツ、オーストリア、イギリス駐在中に医療・介護保険制度の調査、保険会社との交渉などに携わる。帰国後、ニッセイ基礎研究所などに勤務。2000年日本生命保険相互会社を退社後、コンサルティング会社で保険ビジネス(医療保険、介護保険など)のコンサルティング業務、早稲田大学エクステンションセンター講師などを務める。医療経済研究機構(厚生労働省所管〈当時〉)主任研究員(老健局〈介護保険制度改正〉・保険局〈中医協〉調査担当)等を経て現職。日本病院管理学会会員、日本保険学会会員。 <主な著書>『医療経済学入門』(岩波書店)、『金融サービス法』(金融財政事情研究会)、『日本版金融サービス法』(日本経済新聞社)、『自分で選ぶ生命保険』(日本経済新聞社)、『介護保険のしくみ』(日経文庫)、『これだけは知っておきたいドラッカー』(文藝春秋)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading