ビジネスマンのみなさん、元気を出して! 人気キャスターが、不況に負けない経営者や著名な経済学者に鋭く切り込み、勇気の出る処方せんを提示。竹中平蔵氏、張富士夫氏らとトークバトルを繰り広げます。

小谷真生子のがんばれ!日本経済

定価:本体1,400円+税
発売日:2002年09月26日
ISBN:978-4-532-35009-3
並製/四六判/273ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ビジネスマンのみなさん、元気を出して! 人気キャスターが、不況に負けない経営者や著名な経済学者に鋭く切り込み、勇気の出る処方せんを提示。竹中平蔵氏、張富士夫氏らとトークバトルを繰り広げます。

目次

  1. 第1部 よみがえれ!日本経済
     小谷真生子と10人の侍
     ●新しい流通業が台頭する
             伊藤元重 東京大学大学院経済学研究科教授
     ●財政赤字は景気回復で減らそう
             植草一秀 野村総合研究所主席エコノミスト
     ●不振企業の整理でデフレから脱却しよう
             斎藤精一郎 立教大学社会学部教授
     ●行政・企業依存は限界、コミュニティー再生を
             高橋 進 日本総合研究所調査部長
     ●まずガバナンスをつくろう
             中谷 巌 UFJ総合研究所理事長、多摩大学学長
     ●「働こう」「儲けよう」という動機を強くする税制を
             ロバート・フェルドマン
             モルガン・スタンレー証券 チーフエコノミスト
     ●フロントランナーにふさわしい知的インフラをつくろう
             竹中平蔵 経済財政政策担当大臣
     ●世界に合わせすぎてはいけない
             江頭邦雄 味の素社長

     ●「成功体験者の言うことを聞けばよい」が恐い
             後藤卓也 花王社長
     ●経営は少し長めに見た方がいい
             張富士夫 トヨタ自動車社長

    第2部 再生へのヒントを探せ
     小谷真生子の経済ノート
     1. 新ネットワーク時代の幕開け
     2. 次世代テクノロジーを追え
     3. 台頭する中国の光と陰
     4. 揺れるアメリカ型資本主義
     5. 金融はよみがえるか
     6. デフレに克つ経営

    真生子的日本再生論

    あとがき 経済キャスター・小谷真生子の原点

著者・監修者プロフィール

小谷 真生子(こたに まおこ)

大阪府生まれ。1990年ニュースキャスターとしてNHK総合「モーニングワイド」「おはよう日本」などのキャスターを担当し、幅広い層からの人気を博す。1994年5月から6月にかけて、旧ユーゴスラビアを訪れ、戦乱に翻弄されている人々を取材。1994年12月から、テレビ朝日「ニュースステーション」に参加。1998年4月よりテレビ東京「WBS(ワールド・ビジネスサテライト)」キャスターとして活躍中。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading