名所作りでなく地域資源のかけ算を。訪日客誘致より国内旅行市場の活性化を。地域の魅力を高める観光ブランド戦略を提示。

地域引力を生み出す 観光ブランドの教科書

定価:本体1,600円+税
発売日:2019年11月08日
ISBN:978-4-532-32307-3
並製/四六判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

発想のスイッチ切り替えよう!
消費者調査で見えた、今地域観光に必要なこと

「来て下さい」よりも、「行ってみたい」に。
「誘致・誘客」から「引力ある地域の創造」へ。
インバウンド一辺倒でなく、日本人客重視を――
持続可能な観光への条件を明らかにする。



○本書のテーマは、「観光におけるブランド構築」。今日、全国各地で観光による地域振興への機運が高まり、顧客争奪戦が激しくなる中、観光ブランド・地域ブランドへの関心が高まっている。

○これまでの観光マーケティングは、「ぜひ、来てください」という誘致型のプロモーションが主流だった。本書では「ぜひ、行きたい」とお客さんを引きつけ、地域の魅力を高めるにはどうすべきかを提示する。

○強いブランドには“引力”がある。京都に来る観光客は、誘致されたからではなく、京都に引きつけられたからやって来る。本書では、地域が観光客を引きつける力を「地域引力」と表現し、いかに「地域引力」を向上させるか、どうすれば強いブランドが生まれるのかを内外の消費者調査をもとに分析する。

目次

  1. はじめに――引力ある地域をつくろう 

    第1章 誘致・誘客からマーケティングへ

    第2章 観光のブランドづくりとは何か

    第3章 どうすれば、強いブランドが生まれるのか

    第4章 イメージが浮かばなければ、選ばれない

    第5章 「ブランド」と「地名」は何が違うのか

    第6章 地域に「尖り」はあるか

    第7章 何かで、一番になろう

    第8章 強いブランドには、「シンボル」がある

    第9章「引き算」で、引力を生み出そう

    第10章 「食」がブランドを強くする

    第11章 ブランドづくりの6ステップ

    第12章 観光立国は「幸せな国」か

    第13章 「量の観光」から「質の観光」へ

    第14章 「質の観光」「持続可能な観光」をどう実現するか

    おわりに――大切なものは、目には見えない

著者・監修者プロフィール

岩崎 邦彦(いわさき くにひこ)

1964年生まれ。静岡県立大学経営情報学部教授・学長補佐・地域経営研究センター長。上智大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科博士後期課程単位取得。国民金融公庫、東京都庁、長崎大学経済学部助教授など経て現職。専攻は、マーケティング。とくに、地域に関するマーケティング問題を主な研究テーマとしている。これらの業績により、日本地域学会賞奨励賞、世界緑茶協会O-CHAパイオニア学術研究大賞、財団法人商工総合研究所中小企業研究奨励賞などを受賞。
著書に、『小さな会社を強くするブランドづくりの教科書』『農業のマーケティング教科書:食と農のおいしいつなぎかた』『引き算する勇気:会社を強くする逆転発想』『小が大を超えるマーケティングの法則』(いずれも日本経済新聞出版社)、『スモールビジネス・マーケティング』(中央経済社)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading