改正労働施策総合推進法が成立、パワハラ防止が義務化され、ハラスメント対応は重要な経営課題。問題の正しい理解と対処法を示す。

現場で役立つ! ハラスメントを許さない現場力と組織力

定価:本体1,600円+税
発売日:2019年10月04日
ISBN:978-4-532-32300-4
並製/四六判/208ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

○2019年5月の通常国会で「改正労働施策総合推進法」が成立、大企業では2020年4月から、中小企業でも2022年4月からパワハラ防止措置が義務化される。

○これまでのように、上司のコミュニケーションスキルの拙さで処理される話ではなくなり、組織対応が必須の重要な経営課題となった。

○本書は現場レベルと組織レベルでの対応を個別に解説、組織対応でなければ解決しない課題が多くあることを示し、具体的な処方箋も示す。

○働き方改革による仕事量と人員のアンバランス、労基法違反につながりかねない混在型パワハラ――ハラスメント問題を正しく理解し、部下を正しく指導・育成するための指南書。

目次

  1. 序 章 ハラスメント問題対応の目の付けどころ

    第1章 セクハラ問題の理解

    第2章 セクハラ問題に対する現場力

    第3章 パワハラ問題の理解

    第4章 パワハラ問題に対する現場力

    第5章 ハラスメント問題に対する組織力

著者・監修者プロフィール

鈴木 瑞穂(すずき みずほ)

株式会社インプレッション・ラーニングのコンプライアンス・法務教育部門インストラクター。
1955年生まれ。中央大学法学部卒。朝日アーサーアンダーセン管理部長、カルティエなどラグジュアリーブランドのリシュモンジャパン管理本部総務部長などを経て、2005年、KPMG/あずさビジネススクール管理部長および講師。現在、法務・コンプライアンス教育の研修講師として、インプレッション・ラーニングなど研修会社を通して上場企業の研修で活躍。分かりやすい講義で好評を得ている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading