世界規模で激化する優秀な人材の獲得競争。高額報酬を超えるインセンティブとは何か。有能なタレント確保をめぐる実態に迫る。

人材争奪
世界基準のタレントを確保する

定価:本体1,500円+税
発売日:2019年07月23日
ISBN:978-4-532-32273-1
並製/四六判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

入社3年で年収3000万円!? 日本でも、有力企業が続々と高い報酬を提示。
世界規模で激化する有能な人材の獲得競争を徹底解説。


創造的な仕事を担う優秀な人材、とりわけAI開発などに携わるエンジニアなどの優秀層をめぐり、世界レベルでの人材獲得競争が繰り広げられている。アメリカや中国はもとより、最近では日本でも若手に対する高額報酬の提示が報じられている。年俸1億円を掲げる企業も出現した。

限られた優秀な人材に対して手厚い報酬で処遇することは重要だが、それだけで人材を獲得するのは難しい。いまや、会社としての魅力をどのように示せるかという「バリューの競争」にシフトしつつある。優秀な人材ほど成長の機会を求めており、目先の初任給には左右されない。また、就職・転職せずに起業を選ぶ人材も増えつつあり、競争は激化している。

本書では、注目される米IT大手などの最新の動きに触れながら、採用の最前線ばかりでなく、採用後の処遇や転職を引き留める工夫なども解説。有力企業が求める「稼ぐ人材」像を深掘りするともに、会社は働き手に何を提供すべきかを検討。外国企業の実態にも詳しい人材コンサルティング大手のベテランが、採用する側、採用される側の双方にとって示唆に富む手法、人材マネジメントを徹底解説する。

目次

  1. 第1章 人材争奪のランドスケープ

    第2章 人材を引き寄せる競争

    第3章 問うべき「パフォーマンス」とは

    第4章 タレントをかき集める

    第5章 スキルギャップを埋める

    第6章 日本企業にとってのチャレンジ

著者・監修者プロフィール

平本 宏幸(ひらもと ひろゆき)

ウイリス・タワーズワトソン タレント&リワード ディレクター
東京大学経済学部卒業後、ワトソンワイアット(現ウイリス・タワーズワトソン)入社。入社以来一貫して、顧客企業のビジョン実現を支援するための人材マネジメント変革のコンサルティングに従事している。現在、同社の組織・人材開発領域におけるディレクターとして、タレントマネジメントや後継者計画、リーダー開発支援などを手掛ける。共著書に『攻めのガバナンス 経営者報酬・指名の戦略的改革』(東洋経済新報社)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading