なぜ働き方改革は進まないのか? 社員のやる気をなくす「9つの壁」の壊し方をストーリー形式で解説。

「組織の壁」の壊し方
「働き方だけ改革」では会社は変わらない

定価:本体1,600円+税
発売日:2019年05月27日
ISBN:978-4-532-32272-4
並製/四六判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「敵は社内にいるんです!」

部門間の対立、上層部と部下との壁、経営と現場の溝--
互いの「正しさ」を否定することなく、同じゴールを目指すには?
自分を変え、組織を変えるビジネスストーリー。

“働き方だけ改革”は失敗する。
全体最適化コンサルタントが見た、社員のやる気をなくさせる「7つの壁」の壊し方。

◆働き方改革が叫ばれる中、現場の生産性向上を阻むものには、社員自身の働き方だけでなく「部門間や上司との溝」「過剰な管理やルールの縛り」「腑に落ちない会社の方針」など様々な要因があります。そういった要因を解決せず、ただ闇雲に働き方だけの改革を進めても、社員は本気でやろうという気にはならず取組みは失敗に終わります。ではこれらの生産性向上を阻む要因をどうやって解決していくのか?

◆たとえば、「仕事のやり方が個人商店的になっている」「情報が十分に共有されていない」「会話が無く皆バラバラである」――そんな職場に、コミュニケーションの機会を増やしたり、社内のイベントを行ってみても、結局効果は続かず何も変わらなかったという声は多いのです。こうした職場では、議論や対話を通じて「共通の課題や目的を見つけ、そこに向けて全員で解決していく」という取組みが有効です。

◆本書は、経営層から現場まで、これまで多くの当事者たちの本音を聞き、「全体最適」の視点から問題解決してきた筆者の経験をヒントに、職場で働く人々の前に立ちはだかる「7つの壁」の壊し方をストーリーで紹介。その壁の先にある自らの夢や目標を叶えるためのヒントを提供していきます。

目次

  1. 第1章 人間関係の壁

    第2章 職場一体感の壁

    第3章 上司との壁

    第4章 部門間の壁

    第5章 経営と現場の壁

    第6章 改革の壁

    第7章 自分という壁

著者・監修者プロフィール

石原 正博(いしはら まさひろ)

株式会社センターボード・代表取締役 全体最適化コンサルタント
1969年東京都生まれ。1992年学習院大学法学部を卒業し、安田信託銀行入社。法人営業、企業年金制度コンサル、経営企画業務等を経験。2005年1月 スコラ・コンサルトに入社。大手企業を中心に20年間で500社を超える企業への支援を行い、組織を動かしていくノウハウを修得。2011年独立し株式会社センターボードを設立。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading