こうすれば、アマゾンやアップルになれる! プラットフォームビジネスの実践ガイド。

プラットフォーマー 勝者の法則
コミュニティとネットワークの力を爆発させる方法

定価:本体2,000円+税
発売日:2019年03月25日
ISBN:978-4-532-32262-5
上製/四六判/368ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

こうすれば、アマゾンやアップルになれる!
もともと伝統的な小売業者、製造業者だった彼らは、いかにしてプラットフォーマーとなったか。ビジネスモデルを設計、点火、上昇、安定させる方法(ロケットモデル)を明らかにする。
プラットフォームビジネスの実践ガイド。

これまでのビジネスモデルと何が違うか?
ウーバーは世界最大のタクシー会社だが、クルマを1台も所有していない。
フェイスブックは世界一の人気メディアだが、コンテンツをまったく生み出さない。
アリババは世界一の流通企業だが、在庫をまったく持たない。
エアビーアンドビーは世界最大の宿泊提供者だが、不動産を所有していない。
――トム・グッドウィン(ゼニスメディア副社長)

プラットフォーム自体は生産も販売もしないが、2つ以上の顧客グループ(ウーバーならドライバーと乗客)を誘致して仲介し、お互いに取引できるようにすることで、大きな価値を生み出している。本書は、プラットフォームビジネスと伝統的ビジネスモデルの違い、そこで働く経済原理、プラットフォームビジネスならではの成功法則(ライフステージごとに直面する課題と対応策)を明らかにする。

プラットフォームビジネスを立ち上げるための「ロケットモデル」
たとえば、プラットフォームを立ち上げるために必要な手間と労力。それは「ロケット」の打ち上げにも匹敵する。2つ以上ある市場(サイド)に人を集め、それぞれに拡大策とマーケティングを実施する必要がある。プラットフォームを始動するというのは、2つの会社を同時に起業するようなものだと言ってよい。
さらには、両サイドの市場で顧客基盤を拡大して「クリティカルマス」に到達させるという、伝統的企業にはない高いハードルもある。
しかし、いったんクリティカルマスに到達してしまえば、ロケット(プラットフォーム)が飛び続けるための推進力は少なくて済む。地球脱出速度まで加速してしまえば、「ネットワーク効果」のおかげで重力は弱まる。

アマゾンやアップルはビジネスのルールをどう書き換えたのか?
伝統的企業も、プラットフォーム企業に転身する、あるいは既存のビジネスモデルにプラットフォームを付加することができる。
その典型がアマゾンやアップル。もともと伝統的なビジネスモデル(小売業、製造業)から出発した彼らは、それにプラットフォームを組み合わせることで急成長を遂げた。複数のビジネスモデルが互いに補完し合い、顧客への「価値提案」が盤石になっていく仕組みを掘り下げる。
また、価格設定や信頼構築など、プラットフォームに不可欠な戦略や、規制や競争など、プラットフォームを取り巻く課題についても取り上げる。

編集者より

本書は、プラットフォームビジネスにおける初の「実践ガイド」。ロケットの発射準備から安定飛行までをメタファーにして、プラットフォームビジネスを設計(準備)、点火(始動)、上昇(成長)、安定させる方法と、それぞれの段階で直面する課題や対応策、KPI(業務目標)を整理しています。

これを読めば、プラットフォーム企業がどこに重点をおいてビジネスを展開しているのか、どんなタイミングでどんな手を打っているのか、実際にプラットフォームを立ち上げる際には何をすべきかが見えてきます。

また、いわゆる成功法則を語るだけではありません。伝統的ビジネスモデルにプラットフォームサービスを追加した「プラットフォーム推進型エコシステム」を論じているところも本書のユニークな点のひとつです。伝統的企業も、プラットフォーム企業に転身する、あるいは、既存の事業モデルにプラットフォームビジネスを付加することができるのです。

その典型がアマゾンやアップル。もともと、小売業や製造業といった「伝統的ビジネスモデル」から出発した彼らは、それに「プラットフォームサービス」を組み合わせることで急成長を遂げました。

もちろん、プラットフォームがすべてのビジネスモデルの頂点に君臨しているわけではありません。しかし、ビジネスモデルにはそれぞれの強みと弱みがあります。複数のビジネスモデルの特長を生かして、互いに補完し合い、顧客への価値提案を盤石にしていく仕組みを掘り下げます。

巻末では、監訳者である根来龍之教授(早稲田大学ビジネススクール)が、楽天やメルカリ、エアビーアンドビーなど、国内でサービスを展開しているプラットフォーム企業の事例を用いて本書のフレームワークを解説しています。本書の理解にとどまらず、自社のビジネスの設計と見直しにも役立ちます。

目次

  1.  第Ⅰ部 プラットフォーム
    第1章 新たなビジネスモデルの登場

    第2章 急成長するプラットフォーマー

    第3章 ビジネスのルールはどう書き換えられたか

    第4章 プラットフォームを支える経済原理

    第5章 ビジネスモデルとしてのプラットフォーム

    第6章 アマゾン、アップル、グーグルが強化するエコシステム

     第Ⅱ部 ロケットモデル
    第7章 設計――事業構造をデザインする

    第8章 点火――コンセプトを実証する

    第9章 上昇――クリティカルマスを突破する

    第10章 安定――利益ある成長を続ける

     第Ⅲ部 戦略と課題
    第11章 相互作用を促す価格戦略

    第12章 信頼を醸成する仕組みをつくる

    第13章 規制と競争はどうあるべきか

    第14章 既存企業の対抗策

    第15章 プラットフォームの未来

    解説 本書のフレームワークを
       自社のビジネスの設計と見直しに活用する(根来龍之)

著者・監修者プロフィール

ブノワ・レイエ(ぶのわ・れいえ)

ローンチワークスの共同設立者、マネージング・ディレクター。コミュニティやプラットフォーム・エコシステムを駆動させるためのビジネス設計、戦略実行の支援を専門とし、数多くの著名企業、規制当局や政府にアドバイスを行う。1990年代の通信自由化にかかわるフランス政府の仕事をはじめ、LECG(現FTI)やテリア・モバイル・インターナショナル、KPMGを経て、ローンチワークスを設立。ヨーロッパを代表するビジネススクールESCP Europeの講師も務める。フランスの国立電気通信研究所(現Telecoms & Management SudParis)でマネジメント・サイエンスの修士号を、ロンドン大学キングスカレッジで経済学と競争法の修士号を、ロンドンビジネススクールとニューヨークのコロンビア大学でMBAを取得。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

ロール・クレア・レイエ(ろーる・くれあ・れいえ)

ローンチワークスの共同設立者、ディレクター。プラットフォームの立ち上げや拡大の支援を専門とし、ECや通信、ソフトウエア会社のマーケティングや製品・サービス開発に深い知識と経験を持つ。後にIBMに買収されたスタートアップのMetricaやWatchMark、ブリティッシュテレコムグループのBT Retail、VoIPソフトウエアのスタートアップGoodman Blue、イーベイを経て、ローンチワークスを設立。ESCP Europeの講師や修士号審査委員も務める。テレコム工科大学パリ校でコンピュータ・サイエンスと通信の修士号を、ロンドンビジネススクールでMBAを取得。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

根来 龍之(ねごろ たつゆき)

早稲田大学ビジネススクール教授。京都大学文学部卒業(哲学科)、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。鉄鋼メーカー、英ハル大学客員研究員、文教大学などを経て2001年より現職。早稲田大学IT戦略研究所所長、早稲田大学大学院経営管理研究科長、経営情報学会会長、国際CIO学会副会長、CRM協議会副理事長などを歴任。著訳書に『ビジネス思考実験』『事業創造のロジック』『プラットフォームの教科書』(いずれも日経BP社)、『代替品の戦略』(東洋経済新報社)、『対デジタル・ディスラプター戦略』(監訳、日本経済新聞出版社)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

門脇 弘典(かどわき ひろのり)

翻訳家。東京外国語大学外国語学部卒。訳書に『Hacking Growth グロースハック完全読本』『シェアリング・エコノミー』『ギグ・エコノミー』(いずれも日経BP社)、『SALES GROWTH』(TAC出版)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading