AI、バイオテクノロジー、量子コンピュータ、新素材は、私たちの常識をどう壊すか? ダボス会議に集う世界的エリートが未来を予見。

「第四次産業革命」を生き抜く
ダボス会議が予測する混乱とチャンス

定価:本体1,600円+税
発売日:2019年02月22日
ISBN:978-4-532-32250-2
並製/四六判/420ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

波瀾への備えは万全か?
あなたは生き残れるか?

第四次産業革命という社会変化をどう乗り越えるか。
グローバルエリートとの対話から近未来を予見する。

●第四次産業革命で登場する新技術は、既存の社会を破壊し、社会を崩壊させ、無秩序状態を生み出す可能性すらもつ。AIやバイオテクノロジー、新素材、量子コンピュータなど、私たちのこれまでの常識が通じない時代が、すぐそこまで来ている。

●第四次産業革命のテクノロジーは、まさに破壊的である。そして指針や基準は、まだ存在しない。この新しい技術を、社会共通の利益となるように導くには、どうしたらいいのか?

●本書は、グローバルリーダーとの対話を通じて、来たるべき新世界への備えを説くものである。

目次

  1. 序文 サティア・ナデラ(マイクロソフトCEO)
    はじめに クラウス・シュワブ(世界経済フォーラム[WEF]創設者兼会長)

     第1部 第四次産業革命
    第1章 第四次産業革命を定義する

    第2章 点と点を結ぶ

    第3章 技術に価値観を埋め込む

    第4章 すべてのステークホルダーに権限委譲する

     第2部 テクノロジー、機会、破壊的変化

    デジタル技術を拡大する
    第5章 新しいコンピューティング技術

    第6章 ブロックチェーンと分散型台帳技術

    第7章 IoT

    現実の世界を改革する
    第8章 AIとロボット工学

    第9章 先進材料

    第10章 付加製造と3Dプリント

    人間を改造する
    第11章 バイオテクノロジー

    第12章 ニューロテクノロジー

    第13章 仮想現実と拡張現実

    環境を統合する
    第14章 エネルギーを得る、貯蔵する、送る

    第15章 ジオエンジニアリング

    第16章 宇宙開発技術

    結 論 システム・リーダーシップ――第四次産業革命を形づくるために、あなたができること

著者・監修者プロフィール

クラウス・シュワブ(くらうす・しゅわぶ)

世界経済フォーラム創設者
1938年ドイツ生まれ。世界経済フォーラムの創設者であり会長を務める。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

小川 敏子(おがわ としこ)

翻訳家。東京生まれ、慶應義塾大学文学部英文学科卒業。小説からノンフィクションまで幅広いジャンルで活躍。ルース・ドフリース『食糧と人類』、ジェシー・S・ニーレンバーグ『「話し方」の心理学』ほか訳書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading