AIが日本の雇用を激的に減らすことはない、むしろ増やす面に注目すべきだ。AI、ロボット、IoTがもたらす雇用への衝撃の真実。

AIと日本の雇用

岩本晃一 編著
定価:本体1,800円+税
発売日:2018年11月22日
ISBN:978-4-532-32234-2
並製/四六判/280ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

●AI(人工知能)、の普及、ロボット化による雇用破壊が注目の的です。オックスフォード大学研究者の「労働人口の47%は代替される」という分析結果が衝撃をもたらし、世界中で雇用の未来に対する懸念が一気に高まりました。だが、それが本当なのか? 本書は、世界にも例がない、企業への広範な調査、先行しているドイツの調査研究などを通じて、AI、ロボット、IoTによる雇用へのインパクトを明らかにします。結論は、喧伝されている見方とはかなり違うものです。

<雇用減の極端なインパクトはない>
大部分の職は自動化されても人間がこなす部分が大きい。
<雇用は全体として増え、働き方が変わる。雇用の二極化が進む>
IT関連、データサイエンス分野では雇用が増加、製造・物流などでは雇用が減少。中間層が大きな影響を受ける。
<自動化に前向きな日本企業。ルーティン職は自動化>

雇用は専門職・技術職で増加、事務職では減少する。
日本では悲惨な雇用の喪失は起きない可能性があるが、問題は、データサイエンティストなどの専門職の人材不足であり、高スキル人材の育成です。拡がる所得格差を縮小するための所得再配分の強化が必要になることを明らかにします。

●本書の特色:ドイツはじめ世界の先進的な研究をもとに、日本企業へのヒアリング、中堅・中小企業も含め1万社へのアンケート調査に基づき、バランスがとれ、なおかつリアルな展望を描き出します。

目次

  1. 第1章 第4次産業革命とは、人工知能とは

    第2章 AIは雇用を破壊するか:フレイ&オズボーン推計とドイツのチャレンジ

    第3章 雇用の質・構造の変化こそ問題:世界の最先端研究が示唆するもの

    第4章 日本の雇用はどう変わるか:日本企業の実態

    第5章 世界的な人材育成競争の始まり

    第6章 日本はグローバル競争にどう打ち勝つか

著者・監修者プロフィール

岩本 晃一(いわもと こういち)

経済産業研究所研究グループ上席研究員(特任)/公益財団法人日本生産性本部生産性総合研究センター上席研究員
1981年京都大学卒、1983年京都大学大学院(電子)修了後、通商産業省入省(行政I種)。在上海日本国総領事館領事、産業技術総合研究所つくばセンター次長、内閣官房参事官、経済産業研究所上席研究員等を経て、2018年4月から現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading