肥満、喫煙、朝寝坊、先延ばし……。意思の力だけで悪い習慣は変えられない。数々の経営者を指導したNo1コーチが、自分を変えるトリガー(引き金)のつくり方を伝授。

定価:本体1,800円+税
発売日:2016年01月27日
ISBN:978-4-532-32049-2
上製/四六判/312ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

◆ 肥満、喫煙、朝寝坊、先延ばし、短気……。こうした悪弊や悪習慣を直すにはどうすればよいか。GEやグーグル、ゴールドマンサックスなどの名経営者たちを指導してきた名実ともにナンバーワンのエグゼクティブ・コーチである著者が、単に意思力に訴えるのではなく、自らに適切な問いかけをすることで自然と行動が動機付けられる「アクティブ・クエスチョン」――セルフ・コーチングの極意を伝授する。

◆ トリガー(引き金)となる「アクティブ・クエスチョン」とは、以下のようなもの。
×「今日は何キロ走ったか」 ⇒ ◎「今日は走ろうとしたか」
×「どのくらいお酒を飲んだか」 ⇒ ◎「お酒を控えようとしたか」
×「部下を褒めたか」 ⇒ ◎「部下を褒めようと考えたか」

◆ その鍵は、「自らの状態」ではなく「自らの行動」を問うことにある。状態を問うと、できなかった自分を責めて辛く苦しい思いをし「もう無理! 」と叫びたくなるが、行動を問うことで、本当にそうしたいのかどうか、自分の動機そのものを確認することができる。本書では、どんな思い込みがそうさせてしまうのか、そのうえで、アクティブ・クエスチョンをどう組み立てればよいか、さらには、自身の動機をどう定着させるかなどについて、豊富な事例やエピソードを交えて紹介する。

目次

  1.  PART1 なぜ、なりたい自分になれないのか
    第1章 大人の行動改善は難しい

    第2章 行動改善を阻む「信念のトリガー」

    第3章 それは環境だ

    第4章 トリガーを定義する

    第5章 トリガーはどう働くか

    第6章 計画するのは上手だが、実行するのは下手

    第7章 環境を予測する

    第8章 変化の輪

     PART2 実践する
    第9章 能動的な質問の力

    第10章 エンゲージの質問

    第11章 日課の質問を実行する

    第12章 計画する人、実行する人、そしてコーチ

    第13章 空っぽの船

     PART3 もっと仕組みを!
    第14章 仕組みがなければ、私たちは改善しない

    第15章 だが、正しい仕組みでなければならない

    第16章 自我が消耗する中で行動する

    第17章 助けが得られそうもないときに、助けを必要とするものだ

    第18章 一時間ごとの質問

    第19章 「まあまあ」の問題

    第20章 トリガーになる

     PART4 後悔しない
    第21章 エンゲージメントの輪

    第22章 変化のない生活を送る危険

著者・監修者プロフィール

マーシャル・ゴールドスミス(まーしゃる・ごーるどすみす)

世界で最も有名なコーチの1人。「Thinkers50」ランキングにおいて、過去2度にわたり「リーダシップ思想家」の第1位に選出された。「全米No.1のエグゼクティブ・コーチ」(Inc誌)、「最も評判の高いエグゼクティブ・コーチのトップ5」(フォーブス誌)、「エグゼクティブ教育のトップ10」(ウォール・ストリート・ジャーナル紙)、「世界的なビジネス思想家トップ15」(ザ・タイムズ紙)など、各紙誌からも高く評価されている。日米でベストセラーとなった著書『コーチングの神様が教える「できる人」の法則』はAmazon.comによってリーダーシップ論のベスト100冊に選ばれた。これまで150人以上の大企業CEOや経営陣にコーチングしてきた。現在はダートマス大学タック経営大学院にて教鞭も執る。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

マーク・ライター(まーく・らいたー)

リテラリー・エージェント兼作家。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

斎藤 聖美(さいとう きよみ)

ジェイ・ボンド東短証券代表取締役
1950年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。日本経済新聞社、ソニー勤務の後ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。モルガンスタンレー投資銀行のエグゼクティブ・ディレクターなどを経て独立。数々の企業立ち上げに携わり、現在はジェイ・ボンド東短証券代表取締役。著訳書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading