間違ったROE戦略は、企業価値を破壊し、本来の成長力を奪いかねない。価値創造とファイナンス理論にありがちな誤解をわかりやすく提示、日本企業の真の強みを活かした経営の在り方を、実例とともに実践的に説く。

ROEが奪う競争力
「ファイナンス理論」の誤解が経営を壊す

定価:本体1,800円+税
発売日:2015年09月24日
ISBN:978-4-532-32025-6
並製/四六判/344ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

間違ったROE戦略は、企業価値を破壊し、本来の成長力を奪いかねない。価値創造とファイナンス理論にありがちな誤解をわかりやすく提示、日本企業の真の強みを活かした経営の在り方を、実例とともに実践的に説く。

実務と理論の両方に通じる筆者が「ROEブーム」に警鐘を鳴らし、企業が今とるべき経営の在り方を、実際の企業例を出しながら実践的に解説。

目次

  1. 序 章 投資家の論理が経営に入り込むとロクなことはない

    第1章 「ROE包囲網」で標準化される日本の経営

    第2章 企業価値創造経営の誤解

    第3章 企業価値創造に投資家の論理はいらない

    第4章 上場企業に求められる最低限のファイナンス理論

    第5章 マーケット・インテリジェンスの本質

    第6章 マーケット・インテリジェンスを実践する

著者・監修者プロフィール

手島 直樹(てじま なおき)

国立大学法人小樽商科大学ビジネススクール准教授。CFA協会認定証券アナリスト。公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員。
慶應義塾大学商学部卒。米ピッツバーグ大学経営大学院MBA。
1996年、アクセンチュア入社。2001年、日産自動車入社、財務部、IR部を経て2009年に独立し、インサイトフィナンシャル株式会社設立。2015年4月より現職。
著書に『グロービッシュ実践勉強法』(2011年、日本実業出版社)、『まだ「ファイナンス理論」を使いますか?――MBA依存症が企業価値を壊す』(2012年、日本経済新聞出版社)、『ROEが奪う競争力――「ファイナンス理論」の誤解が経営を壊す』(2015年、日本経済新聞出版社)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading