800万部のベストセラー『ハーバード流交渉術』著者の最新作。ビジネスで、プライベートで、誰もが抱くコミュニケーションの悩みを解決。どんな状況でも自分を見失わず、目的を達成する手法を明かす。解説:瀧本哲史

ハーバード流 最後までブレない交渉術
自分を見失わず、本当の望みをかなえる

定価:本体1,600円+税
発売日:2015年06月26日
ISBN:978-4-532-32009-6
並製/四六判/224ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

800万部のベストセラー『ハーバード流交渉術』著者の最新作。ビジネスで、プライベートで、誰もが抱くコミュニケーションの悩みを解決。どんな状況でも自分を見失わず、目的を達成する手法を明かす。解説:瀧本哲史

『ビジョナリー・カンパニー』のジム・コリンズ、『モチベーション3.0』のダニエル・ピンク、『GIVE and TAKE』のアダム・グラントほか著名人が推薦。

目次

  1. 1 自分という「最強の敵」を理解する

    2 何があってもブレない「インナー・バトナ」を養う

    3 逆境にあっても「世界は自分の味方だ」と信じる

    4 うまくいかないときこそ「ゾーン」にとどまる

    5 どんな許しがたい相手でも尊重する

    6 ウィン-ルーズの罠からぬけだし、与え合う

著者・監修者プロフィール

ウィリアム・ユーリー(うぃりあむ・ゆーりー)

ハーバード・ネゴシエーション・プロジェクト共同創設者
世界でもっとも有名な交渉の専門家の1人であり、世界1300万部のベストセラー『ハーバード流交渉術』の共著者。『ハーバード流“NO”と言わせない交渉術』『最強 ハーバード流交渉術』ほかの著書がある。
炭鉱における労使紛争から中東・ラテンアメリカなどの戦争・地域紛争にいたるまで、35年以上にわたって交渉のアドバイザーや調停役を務めてきた。また、経営者や政府高官など、世界数万人のリーダーたちに対して交渉のテクニツクを教えた経験を持つ。中東でアブラハムのいにしえの足跡をたどるトレッキングツアーであるアブラハム・パスを立ち上げる。エール大学、ハーバード大学にて社会人類学を学んだ。コロラド在住。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

中川 治子(なかがわ はるこ)

翻訳家。武蔵大学人文学部日本文化学科卒業。
主な訳書に『ルネッサンス』『ザ・プロフィット』『伸びない市場で稼ぐ!』『毛沢東の大飢饉』『ザ・ディマンド』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading