教科書にある「イノベーション経営」を実行しても、決してうまくはいきません。枯れた技術の活用法、マーケティング・コンプレックスの解消、グローバルニッチトップの取り方など、現場の技術経営の知恵を大公開。

定価:本体2,500円+税
発売日:2015年04月17日
ISBN:978-4-532-31996-0
並製/四六判/272ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

教科書にある「イノベーション経営」を実行しても、決してうまくはいきません。枯れた技術の活用法、マーケティング・コンプレックスの解消、グローバルニッチトップの取り方など、現場の技術経営の知恵を大公開。

「常識」に振り回されるな! 教科書には載っていないが収益を上げ続ける技術経営を実現するために必要な発想を明らかにする。

目次

  1. 総 論 イノベーション経営のウソ・マコト

    第1章 技術者による、技術者のためのマーケティング

    第2章 「枯れた技術」を生かし切る競争優位

    第3章 三つの“敢えて”――グローバルニッチトップをとる

    第4章 美しいデザインで企業は成功する

    第5章 非常時の現場力――場の情報の流れが、創意工夫を生み出す

    第6章 モノを媒体として、コンセプト具現化での合意を作る

    第7章 成功する組織統合――現場での情報と感情の流れが左右する

著者・監修者プロフィール

伊丹 敬之(いたみ ひろゆき)

国際大学学長、一橋大学名誉教授
1969年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。72年カーネギーメロン大学経営大学院博士課程修了・PhD。その後一橋大学商学部で教鞭をとり、85年教授。東京理科大学大学院イノベーション研究科教授を経て現在に至る。この間スタンフォード大学客員准教授等を務める。経済産業省等の審議会委員など多数歴任。2005年紫綬褒章を受賞。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

東京理科大学MOT研究会(とうきょうりかだいがくMOTけんきゅう)

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading