あなたの「やる気」はどこへ行ったのか? いつも疲れている、能率が上がらない、上司にウンザリ、酒量が増えた……「できる社員」に共通の悩みは30 年前に解決されていた! 「燃え尽き症候群」提唱者による名著!

会社と上司のせいで燃え尽きない10の方法
「バリバリな人」ほど失いやすい生き方のバランス

定価:本体1,500円+税
発売日:2014年02月21日
ISBN:978-4-532-31928-1
上製/四六判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

あなたの「やる気」はどこへ行ったのか? いつも疲れている、能率が上がらない、上司にウンザリ、酒量が増えた……「できる社員」に共通の悩みは30 年前に解決されていた! 「燃え尽き症候群」提唱者による名著!

『「ダラダラ癖」から抜け出すための10 の法則』『FBI アカデミーで教える心理交渉術』『話す技術・聞く技術』『「話し方」の心理学』などこのシリーズの既刊はいずれもベストセラーに。長年にわたり売れ続けている商品ばかりをセレクトしています。

目次

  1. 1 なぜあなたは燃え尽きてしまうのか
    2 あなたは不完全燃焼していないか
    3 自分のエネルギーを効率よく使っているか
    4 心の過重負担を取りのぞこう
    5 自分に合った生きかたを工夫しよう
    6 「気晴らし」という名の危険な治療法
    7 あなたを「燃え尽き」から救うもの
    8 仕事のストレスをどう解消するか
    9 組織とのかかわりかたを再考する
    10 「人生の機微」を取り戻そう
    11 生きかたのバランスを回復する

著者・監修者プロフィール

ハーバート・フロイデンバーガー(はーばーと・ふろいでんばーがー)

1926年ドイツ生まれ。ナチの迫害を逃れるため渡米。中学を優秀な成績で卒業するが、家計を助けるため高校進学を諦めて見習いとして鋳物工場で働く。高校卒業資格を持たないまま、ニューヨーク市立大学ブルックリン校の夜間講座を受講する。ここでマズローの欲求五段階説(自己実現理論)で知られるアブラハム・マズローに出会い、彼の指導のもと、心理学の道にする進む。工場勤務の傍ら1956年ニューヨーク大学にてPh.D取得。1958年より臨床現場で活躍し、その経験から「燃え尽き症候群(バーンアウト)」という概念を初めて提唱した。ストレスへの対処、薬物依存の研究でも知られ、ニューヨーク臨床心理学会長を務めたほか、アメリカ心理学協会のイヤーアワードや、ディスティングイッシュド・サイコロジスト・アワードなども受賞した。1999年没。同年、生涯にわたる研究功績を称えられアメリカ心理学財団よりゴールドメダル賞を贈られた。
※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

川勝 久(かわかつ ひさし)

1931年生まれ。1953年一橋大学社会学科卒業。東京放送(TBS)勤務時代から翻訳に携わり、ハーブ・コーエン『FBIアカデミーで教える心理交渉術』、ケネス・ブランチャード『1分間マネジャー』シリーズなど訳書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading