アマゾンで総合第1位。全米大ベストセラーの話題作!フォーチュン誌が選ぶ「世界で最も有力な女性50人」の一人、フェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグが、女性リーダーと男性リーダーへ贈る強いメッセージ。

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲

定価:本体1,600円+税
発売日:2013年06月27日
ISBN:978-4-532-31897-0
上製/四六判/304ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

アマゾンで総合第1位。全米大ベストセラーの話題作!フォーチュン誌が選ぶ「世界で最も有力な女性50人」の一人、フェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグが、女性リーダーと男性リーダーへ贈る強いメッセージ。

今年度最大の話題作!フェイスブックのCOOによる「女性」の時代のリーダー論

著者来日。メディア露出多数!アマゾン・コムにて、発売後いきなり総合1位となり、アメリカで60万部突破。NYタイムズ紙で6週連続1位。推薦者はコンドリーザ・ライス、ジム・コリンズ、マーク・ザッカーバーグ、ジェフ・イメルト、リチャード・ブランソン、チェルシー・クリントン(元大統領の娘)など超豪華です。

■ 米アマゾンで総合第1位。フェイスブックのCOOが書いた、全米大ベストセラーの話題作! その「一歩」を踏み出せば、仕事と人生はこんなに楽しい

■ 新規大卒者の50%が女性となってから30年が経過したにもかかわらず、いまだにアメリカの政府や企業のリーダーの大多数は男性です。つまり、社会生活に大きな影響を与える決定において、女性の声が平等に反映されにくい状況が続いているのです。この問題は、日本ではより顕著です。なぜ女性リーダーが生まれにくいのでしょう? その原因はどこにあるのでしょう?

■ フォーチュン誌の「世界で最も有力な女性50人」、タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選出されたフェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグが、女性たちのポテンシャルをすべて引き出し、自分の幸せとキャリア上の成功を手に入れるための方法をお教えします。

■ 会社での交渉術、メンターの見つけ方、よいキャリア設計、「すべてを手に入れる」という発想をやめる……など、実際的なノウハウを、自分のキャリアと家庭生活と子育てを振り返りながら伝授します。TEDで200万回以上も視聴された動画から生まれた本書は、自分の目標に向かって一歩踏み出し、全力でゴールをめざす女性たちへ、また平等な世界を築きたいと考えている男性たちへ贈る強いメッセージです。

■ マーク・ザッカーバーグ推薦! 「この5年間、シェリルの隣のデスクで働きながら、ほとんど毎日のように彼女から学んできた。彼女にはとてつもない知性が備わっていて、どんな複雑なプロセスやどんな難しい問題にも解決策を探し出してくる。この本は、他人から最高のものを引き出すノウハウと既存の情報とを組み合わせるという彼女の才能が発揮されている。とても優れていて、それでいて正直で、おもしろい本である。 この本は、とりわけ男性に読んでもらいたい。とくにより良いリーダーに、より優れたリーダーになりたい人たちにお勧めである」

目次

  1. 序 文 日本語版に寄せて 川本裕子

    序 章 内なる革命

    第1章 怖がらなければ何ができる?

    第2章 同じテーブルに着く

    第3章 できる女は嫌われる

    第4章 梯子ではなくジャングルジム

    第5章 メンターになってくれませんか?

    第6章 本音のコミュニケーション

    第7章 辞めなければならないときまで辞めないで

    第8章 パートナーをほんとうのパートナーに

    第9章 スーパーママ神話

    第10章 声を上げよう

    第11章 ともに力を

    対話を続けよう

著者・監修者プロフィール

シェリル・サンドバーグ(しぇりる・さんどばーぐ)

フェイスブックCOO リーン・イン基金理事長
フェイスブックに加わる前は、グーグルでグローバル・オンライン・セールスおよびオペレーション担当副社長、財務省首席補佐官を歴任。マッキンゼーでコンサルタント、世界銀行で調査アシスタントとして働いた経験もある。ハーバード大学にて経済学の学位、ハーバード・ビジネススクールにて経営学修士(MBA)を取得。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

村井 章子(むらい あきこ)

翻訳家
翻訳者。上智大学文学部卒業。経済・経営、環境関係の翻訳を主に手がけ、高い評価を得る。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading