昨日の顧客は今日も買ってくれるか? “顧客構造”分析から収益に貢献する「本当のお客さま」を見つけ、効果的な販促に結びつける「マーケティングROI」の手法を、初めて日本企業の事例から実践的に解説する。

「本当のお客様」の見つけ方
儲かる顧客構造をつくるマーケティングROI

定価:本体1,500円+税
発売日:2012年04月27日
ISBN:978-4-532-31790-4
並製/四六判/224ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

昨日の顧客は今日も買ってくれるか? “顧客構造”分析から収益に貢献する「本当のお客さま」を見つけ、効果的な販促に結びつける「マーケティングROI」の手法を、初めて日本企業の事例から実践的に解説する。

筆者の10年に及ぶ調査・実践をもとに、はじめて日本企業のケーススタディをもとに図解を多用し、わかりやすく解説します。

目次

  1. はじめに
    第I部 「本当のお客様」に着目する新しいマーケティング――「儲かる顧客構造を創るマーケティングROI」――理論編
     第1章 「自社データ」は、収益性を高める「知恵」の宝庫
     第2章 儲かる顧客構造を創る新しいマーケティング
    第II部 「本当のお客様」の見つけ方――「儲かる顧客構造を創るマーケティングROI」――実践論
     第3章 「事業構造分析」の進め方――「顧客行動課題」を確実に捉える分析法
     第4章 「施策効果分析」の進め方――「顧客行動教訓」を確実に捉える分析法
     第5章 「顧客意識分析」の進め方――「課題/教訓の本質」を確実に捉える分析法
    おわりに
    参考文献

著者・監修者プロフィール

櫻木 裕之(さくらぎ ひろゆき)

株式会社電通 データ・テクノロジーセンター DMP開発2部長
1973年生まれ。1996年上智大学卒。日商岩井(現・双日)、ソニー、博報堂を経て2018年4月電通入社。
ビッグデータを活用した顧客起点マーケティングを専門領域とし、事業開発/統合プロモーション/メディア/デジタル/CRMの各種戦略構築からキャンペーンプランニングに至るまで、幅広い事業課題の解決を数多く手掛ける。現在は電通にてデータ・テクノロジーを駆使した新しいマーケティングメソドロジーの開発に従事。
著書に『「本当のお客様」の見つけ方――儲かる顧客構造をつくるマーケティングROI』(日本経済新聞出版社)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading