リーダーの仕事は、目先のことを部下に権限委譲し、未来をつくることだ。人を信用して任せることができずにいつも忙しくしている“若手リーダー”に警告を発し、上手な任せ方とリーダーがやるべき仕事について考える。

任せる技術
わかっているようでわかっていないチームリーダーのきほん

小倉広
定価:本体1,400円+税
発売日:2011年01月26日
ISBN:978-4-532-31675-4
並製/四六判/216ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

リーダーの仕事は、目先のことを部下に権限委譲し、未来をつくることだ。人を信用して任せることができずにいつも忙しくしている“若手リーダー”に警告を発し、上手な任せ方とリーダーがやるべき仕事について考える。

「指示や命令を質問に置き換える」「任せっぱなしや丸投げは禁物」など、実際の仕事に役立つヒントも満載です。

目次

  1. まえがき
    CHAPTER0 人は「仕事を任されて」育つ
    CHAPTER1 ムリを承知で任せる
    CHAPTER2 任せる仕事を見極める
    CHAPTER3 任せる。と伝える
    CHAPTER4 ギリギリまで力を発揮させる
    CHAPTER5 口出しをガマンする
    CHAPTER6 定期的にコミュニケーションする
    CHAPTER7 仕組みをつくって支援する

著者・監修者プロフィール

小倉 広(おぐら ひろし)

小倉広事務所 代表取締役
大学卒業後、株式会社リクルート入社。組織人事コンサルティング室課長など企画畑を中心に11年半勤務。ソースネクスト(現東証一部上場)常務取締役、コンサルティング会社代表などを経て現職。著書に21万部のベストセラー『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』(ダイヤモンド社)のほか、『アドラーに学ぶ部下育成の心理学』(日経BP社)、『もしアドラーが上司だったら』(プレジデント社)、『任せる技術』(日本経済新聞出版社)などがあり、計43冊。著作販売累計100万部超。現在は、アドラー心理学と企業経営を熟知した数少ない専門家として大手上場企業を中心に数多くの企業にて講演、研修を行っている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading