旧来の日本的経営も米国型も、もう通用しない。日本企業が勝つには、新しい「日本の経営」を生み出す必要がある。経営者人材の育成、人の心を動かす戦略、現場の眼が輝く組織など、様々な視点からその姿を探る。

「日本の経営」を創る
社員を熱くする戦略と組織

定価:本体1,900円+税
発売日:2008年11月26日
ISBN:978-4-532-31422-4
上製/四六判/392ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

旧来の日本的経営も米国型も、もう通用しない。日本企業が勝つには、新しい「日本の経営」を生み出す必要がある。経営者人材の育成、人の心を動かす戦略、現場の眼が輝く組織など、様々な視点からその姿を探る。

逆境の今こそ、強い組織に変わるチャンス!
数々の企業を再建し、ミスミを急成長させた三枝匡氏と、経営学の第一人者として長年にわたり活躍する伊丹敬之氏が経営を語り尽くす!

目次

  1. まえがき

    第一章 アメリカ流経営、九つの弱み
    第二章 「日本的経営」も威張れたものではない
    第三章 論理化する力・具体化する力
    第四章 日本における「経営の原理」
    第五章 「創って、作って、売る」サイクルの原理
    第六章 人の心を動かす戦略
    第七章 事業の再生、大組織の改革
    第八章 抵抗勢力との闘い
    第九章 失われてきた経営者育成の場
    第十章 今、求められる経営者人材

    あとがき

著者・監修者プロフィール

三枝 匡(さえぐさ ただし)

ミスミグループ本社シニアチェアマン、第2期創業者
1967年一橋大学経済学部卒業。三井石油化学を経てBCG勤務。75年スタンフォード大学経営学修士(MBA)取得。30代から経営の実践に転じ、赤字会社再建やベンチャー投資など数社の代表取締役を歴任。86年三枝匡事務所設立。2002年よりミスミ代表取締役社長、2008年代表取締役会長兼CEO、2018年より現職。2001年から一橋大学大学院客員教授。2009年内閣府参与。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

伊丹 敬之(いたみ ひろゆき)

国際大学学長、一橋大学名誉教授
1969年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。72年カーネギーメロン大学経営大学院博士課程修了・PhD。その後一橋大学商学部で教鞭をとり、85年教授。東京理科大学大学院イノベーション研究科教授を経て現在に至る。この間スタンフォード大学客員准教授等を務める。経済産業省等の審議会委員など多数歴任。2005年紫綬褒章を受賞。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading