第一線で活躍する弁護士が、豊富な事例をもとに、セクハラのボーダーラインをコンパクトに解説! 現状にあわせ2刷で内容を修正

弁護士が教える セクハラ対策ルールブック

定価:本体952円+税
発売日:2008年02月25日
ISBN:978-4-532-31387-6
並製/A5判/80ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

セクハラ問題の第一人者の弁護士による研修教材。セクハラとなる具体的な行為や管理者の対応など、必要な知識をやさしく解説。現状の判例などにあわせ、2刷で内容を修正。パワハラ、マタハラや新しい問題にも言及。

研修で活用できるアイテムを収録
○あなたのセクハラ危険度チェック表
○セクハラの加害者にならないための7つのポイント
○セクハラの被害者になって泣かないための7つのポイント

目次

  1. はじめに

    あなたのセクハラ危険度チェック表

    I セクシュアル・ハラスメントの基礎知識
     1 なぜあらためてセクハラを問題にするのか
     2 そもそもセクハラとはどのような行為か
     3 パワーハラスメント、ジェンダーハラスメント、マタニティハラスメントとは
     4 セクハラを起こした個人や企業が問われる法的責任
     5 なぜセクハラをなくさなければならないのか
     6 2007年の均等法改正で何が変わったか
     7 男性へのセクハラ行為とは
     8 間接差別とはどのような行為か

    column セクハラにおいて初めて企業の使用者責任が認められた事例

    II 管理者が知っておきたいこと
     9 経営者・管理者はセクハラ防止のために何をするべきか
     10 派遣社員など、さまざまな雇用形態の社員がいる部署。どこまで責任があるか
     11 部下からセクハラ問題について相談されたら
     12 セクハラ問題のため女性社員に注意しづらい
     13 明るい職場、女性が働きやすい職場のつくり方

    column 言葉によるセクハラのみで損害賠償請求が認められた事例

    III セクハラ対策 実践編
     14 やってはいけないセクハラ行為
     15 グレーゾーンのセクハラ行為
     16 グレーゾーンのケーススタディ
     17 セクハラになるかどうか自分で判断するための基準
     18 セクハラの加害者にならないための7つのポイント
     19 セクハラの被害者になって泣かないための7つのポイント

    column パワハラに起因する自殺であると労働災害が認定された事例

    参考資料 セクハラ・トラブル対応マニュアル
           セクシュアル・ハラスメント判例集
           男女雇用機会均等法(抄)

関連リンク

著者・監修者プロフィール

山田 秀雄(やまだ ひでお)

慶應義塾大学法学部卒業。第二東京弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長を歴任。リスクマネジメントの観点から、セクシュアル・ハラスメントに関する著作や企業の指導では特に定評がある。

菅谷 貴子(すがや たかこ)

慶應義塾大学法学部卒業、弁護士。山田・尾﨑法律事務所所属。企業法務〔コンプライアンス・労働法(ハラスメント等)・知的財産権等)及び、一般民事(不動産関係・家事事件等)を中心に弁護活動、講演活動、著作活動を行う。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading