皇帝・李世民は元号を貞観とし、府兵制、均田制等の制度を整えるとともに、優れた人材を登用してその意見を取り入れ、安定した政治を行った。しかし晩年は後継者問題に悩み、煬帝と同じように高句麗に出兵して……。

李世民 下
貞観篇

定価:本体750円+税
発売日:2014年10月08日
ISBN:978-4-532-28045-1
並製/A6判/408ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

皇帝・李世民は元号を貞観とし、府兵制、均田制等の制度を整えるとともに、優れた人材を登用してその意見を取り入れ、安定した政治を行った。しかし晩年は後継者問題に悩み、煬帝と同じように高句麗に出兵して……。

好評既刊『煬帝』に次ぐ、中国歴史小説第二弾。第2回野村胡堂文学賞(『サテライト三国志』)作家の最新文庫。解説は竹縄昌氏、永瀬嘉平氏。

目次

  1. 第8章 長孫
     第9章 蕭氏
     第10章 武照
     第11章 文成
     第12章 君羨
     第13章 承乾
     第14章 李勣

著者・監修者プロフィール

塚本 靑史(つかもと せいし)

作家
1949年岡山県倉敷市生まれ。同志社大学卒業。日本写真印刷勤務、イラストレーターとして活躍の後、96年長篇小説『霍去病』を発表して注目を浴びる。『煬帝』で第1回歴史時代作家クラブ作品賞受賞。『サテライト三国志』で第2回野村胡堂賞受賞。父は歌人の塚本邦雄。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading