古今東西あまた存在するミステリー。いったい何を読めばいいの? 悩める読者に自信をもってお薦めする、発見と興奮に満ちた「マストリード100」作品を厳選。従来のベストテンとは一線を画する、まったく新しいブックガイドの新定番登場!

読み出したら止まらない! 国内ミステリー マストリード100

定価:本体680円+税
発売日:2014年03月07日
ISBN:978-4-532-28031-4
並製/A6判/352ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

古今東西あまた存在するミステリー。いったい何を読めばいいの? 悩める読者に自信をもってお薦めする、発見と興奮に満ちた「マストリード100」作品を厳選。従来のベストテンとは一線を画する、まったく新しいブックガイドの新定番登場!

日本のミステリーはこんなにおもしろい!
著者は各紙誌でおなじみの気鋭の評論家。作品紹介からツボを押さえた鑑賞術、豊富な類書、作家情報やエピソード、日本のミステリー史など、充実の内容です。

目次

  1. 第一部 マストリード100

      江戸川乱歩『パノラマ島綺譚』、小栗虫太郎『完全犯罪』、大阪圭吉『とむらい機関車』
      ほか計100冊

     本書と併せて読みたいブックガイド

    第二部 さらに楽しい読書のすすめ

著者・監修者プロフィール

千街 晶之(せんがい あきゆき)

ミステリー評論家。1970年生まれ。立教大学文学部卒。1995年、「終わらない伝言ゲーム――ゴシック・ミステリの系譜」で第2回創元推理評論賞を受賞しデビュー。2003年、『怪奇幻想ミステリ150選』が第3回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)最終候補、翌2004年には『水面の星座 水底の宝石』で第4回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)、第57回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)をダブル受賞。主な著書・共著に『本格ミステリ・フラッシュバック』『幻想者のリアル』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading