陪審裁判の場に持ち込まれた第一級殺人事件。有罪判決は確実に死刑を意味する。新しい証拠を次々提示する検察側の厳しい追及に追い詰められる被告人タリア。彼女の命を賭けて、検察と弁護団の激しい戦いが始まる。

定価:本体700円+税
発売日:2013年10月25日
ISBN:978-4-532-28016-1
並製/A6判/416ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

陪審裁判の場に持ち込まれた第一級殺人事件。有罪判決は確実に死刑を意味する。新しい証拠を次々提示する検察側の厳しい追及に追い詰められる被告人タリア。彼女の命を賭けて、検察と弁護団の激しい戦いが始まる。

アリバイなし、動機あり!?
弁護士マドリアニは窮地に立たされた被告を救えるのか?
多くのミステリー評論家が高く評価する作品。構想力、展開力も一流で、最後のどんでん返しまで、一気に読めてしまいます。

著者・監修者プロフィール

スティーヴ・マルティニ(すてぃーう゛・まるてぃに)

アメリカの作家。1946年、サンフランシスコ生まれ。元州法務官(検事)、法廷弁護士。民間の法律事務所と公的機関の両方で法律業務に従事した経験を生かした、綿密で緊張感溢れる法廷サスペンスには定評がある。著書に『重要証人』『依頼なき弁護』『策謀の法廷』ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

伏見 威蕃(ふしみ いわん)

翻訳家。1951年生まれ、早稲田大学商学部卒。ノンフィクションからミステリー小説まで幅広い分野で活躍中。ボブ・ウッドワードの『ブッシュの戦争』『ディープ・スロート 大統領を葬った男』、トーマス・フリードマンの『フラット化する世界』『遅刻してくれて、ありがとう』など訳書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading