国民統合の象徴としての新たな天皇像を確立した行動力と信念。良き伴走者の献身。おふたりの30年を時系列順に様々な事跡で振り返る。

定価:本体920円+税
発売日:2019年09月27日
ISBN:978-4-532-26413-0
並製/新書判/320ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

言葉と行動であらわした「象徴のかたち」

他者を思い、ときに傷つきながらも寄り添う。国民は、そこに献身と真心を見た。
その積み重ねと強い意志――


皇室担当記者が現場で取材した、平成の天皇、皇后の公務や身辺の出来事を、時系列順に50あまりのコラムにし、「国民の象徴」を達成した30年を振り返る。退位までの道のりをその背景も含めて検証したドキュメントと、半藤一利氏、保阪正康氏、渡辺允氏の回顧鼎談も収録。おふたりのときどきの事跡を撮影した写真も約50点ほど収録する。
先例のないおつとめを果たされ退位されるまでの30年間を、小さなエピソードで微視的に目をこらして振り返ることで、興味のあるところから拾い読みしていくと、「国民の象徴」とは何かを読者ひとりひとりに考えさせる本であることは間違いない。

日本経済新聞朝刊社会面に2018年4月7日から改元直前の2019年4月27日まで1年間、毎週土曜日に連載されていた「平成の天皇と皇后 30年の歩み」、待望の書籍化。

編集者より

日経新聞の皇室担当記者が現場で取材してきた、平成の天皇、皇后の公務や身辺の出来事を、時系列順に50あまりのコラムにし、「国民の象徴」を達成した30年を振り返った本です。

退位までの道のりをその背景も含めて検証したドキュメントと、半藤一利氏、保阪正康氏、渡辺允氏の回顧鼎談も収録、おふたりのときどきの事跡を撮影した貴重な写真も数多く収録しています。

他者を思い、ときに傷つきながらも寄り添う。障害者と心を共にし、ハンセン病患者に寄り添い、戦没者を忘れないための慰霊の旅を続け、被災地で苦しみを生きる人々のそばに歩み寄る。全身全霊のおふたりのお姿に、国民は、献身と真心を見てきました。その積み重ねと強い意志――。

先例のないおつとめを果たされた30年間を、小さなエピソードを通して微視的に目をこらして振り返ることで、興味のあるところから拾い読みしていくだけで、「国民の象徴」とは何かを読者ひとりひとりに考えさせる本であることは間違いありません。

(2019.10.1)

目次

  1. 第一章 平成元年~十年

    第二章 平成十一年~二十年

    第三章 平成二十一年~三十年

    鼎談 平成という時代と象徴天皇像を巡って
       ――半藤一利、渡辺允、保阪正康

    ドキュメント 退位への道のり 井上亮

著者・監修者プロフィール

日本経済新聞社社会部(にほんけいざいしんぶんしゃしゃかいぶ)

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading