東京は地下天国で、温泉密集地帯、東大以外にも赤門が!? 日経電子版の大好評連載「東京ふしぎ探検隊」から鉄板ネタを集めた一冊。

定価:本体870円+税
発売日:2019年07月10日
ISBN:978-4-532-26405-5
並製/新書判/248ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「東京の地下迷宮は、どこまで広がるか」「丸の内から消える『ビルヂング』のナゾ」「実は東京って、温泉密集地帯」……。知れば知るほど面白くなる、思わず人に話したくなる東京のナゾを日経記者が徹底追究します。

オリンピック・パラリンピックで日本の首都は、どれほど変わるのか。前回大会の歴史などもひもときながら、「えっ、そんなことまで調べるのか」?と、とことん調べまくります。

日経電子版の好評連載「東京ふしぎ探検隊」より鉄板ネタを選りすぐって、大幅加筆。プレミアシリーズ『東京ふしぎ探検隊』『鉄道ふしぎ探検隊』と併せて読めば、楽しさ倍増です!

目次

  1. 第1章 夢と野望の東京湾岸100年

    第2章 東京の地下天国

    第3章 データでみる東京の意外な素顔

    第4章 なぜ「ビルヂング」が消えるのか

    第5章 赤門は、東大だけのものじゃない

    第6章 東京って実は……

著者・監修者プロフィール

河尻 定(かわじり さだむ)

日本経済新聞社生活情報部次長
1972年、広島市生まれ。95年、慶応義塾大学総合政策学部卒、同年、日本経済新聞社入社。編集局商品部で食品担当、同生活情報部で「日経マガジン」などを担当。2011年より日経電子版で「東京ふしぎ探検隊」を連載中。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading