そして主力は誰もいなくなった――企業を危機的な状況に追いやるその実態を、当事者へのヒアリングをもとに描く。

定価:本体850円+税
発売日:2019年06月12日
ISBN:978-4-532-26403-1
並製/新書判/216ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ある一人の退職を皮切りに、次々と辞めてしまう「連鎖退職」。

どんなきっかけで起こるのか、起こりやすい業界はあるか、効果的な対処は――?

最悪、企業を倒産に追いやるその実態を、当事者や人事部への取材から浮き彫りにし、対策を考える。

目次

  1. まえがき 連鎖退職がやってきた

    第1章 連鎖退職はこうして起こる

    第2章 どんな人が「危ない」のか?

    第3章 そのとき上司・同僚は

    第4章 予防のために、会社と管理職にできること

    第5章 一人の退職を「蟻の一穴」にしないために

    第6章 被害を最小限にするには

    おわりに 連鎖退職をプラスの連鎖に変えていくには

著者・監修者プロフィール

山本 寛(やまもと ひろし)

青山学院大学経営学部教授
1957年神奈川県生まれ。79年早稲田大学政治経済学部卒業、日本債権信用銀行(現あおぞら銀行)、千葉市役所を経て、91年函館大学商学部専任講師。94年千葉商科大学専任講師、97年同大学助教授。2001年青山学院大学経営学部助教授就任、03年より現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading