「いい人なんだけど……」とフォローされつつストレスを与える面倒な人。彼らの対処法は? 心理学的にメカニズムを解明する。

定価:本体850円+税
発売日:2018年05月14日
ISBN:978-4-532-26373-7
並製/新書判/232ページ
購入画面へ進む
ダウンロード
かかわると面倒くさい人POP
/1 MB

おすすめのポイント

「話をややこしくする天才」はこうして生まれる。
他人を疲れさせる「あの人」の心理構造を徹底分析。



・「えっそこで?」というポイントでキレる
・はっきり言いたいことを言わずに忖度を期待する
・話が長くて何が言いたいかわからない
・悪気なく、他人を傷つけるような発言をする
・小さな話を大きくして、そしてこじらせる
・「そういうことが言いたいわけじゃないのに」ということばかり・・・・・・・

なぜあの人は心のエネルギーを吸い取るのか。職場、ママ友、親戚づきあい、日常のさまざまな場面で遭遇する厄介な人の心理構造を10タイプに分けて分析。人間関係にストレスをためたくない人の必読書。

目次

  1. はじめに 「面倒くさみ」の探究

    第1章 「悪い人じゃないんだけど…」はなぜ起こるか

    第2章 不穏な空気を生み出す“あの人”の正体

    第3章 面倒な人はなぜ面倒なのか――背後に潜む心理メカニズム

    第4章 「話をややこしくする天才」とどうつきあうか

    第5章 面倒な人と思われないために

著者・監修者プロフィール

榎本 博明(えのもと ひろあき)

心理学博士。1955年東京生まれ。東京大学教育心理学科卒。東芝市場調査課勤務の後、東京都立大学大学院心理学専攻博士課程中退。川村短期大学講師、カリフォルニア大学客員研究員、大阪大学大学院助教授等を経て、現在MP人間科学研究所代表。
主な著書に『「上から目線」の構造<完全版>』『かかわると面倒くさい人』など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading