ステレオタイプな「中国人」はすでに存在しない。わずか数年で、劇的に変化した中国の「イマ」を、豊富な実例で探るルポルタージュ!

なぜ中国人は財布を持たないのか

中島恵
定価:本体850円+税
発売日:2017年10月12日
ISBN:978-4-532-26356-0
並製/新書判/232ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

爆買い、おカネの亡者、パクリ天国――。こんな「中国人」像はもう古い!?
日本のそれを遙かに超えるスピードで激変する中国社会。街中ではシェア自転車が走りまわり、現金を持つ人・使う人もめっきり少なくなった。
中国、そして中国社会の何が成熟し、また旧態依然のまま停滞するのはどんな部分なのか。数カ月単位で変貌する中国最新事情を豊富なエピソードから紹介する。

「中国でも人気の『半沢直樹』から、彼らは何を学んでいるのか」「レンタル彼女と帰省し、実家の親を安心させようとする」「シェア自転車にいたずらすると、なぜか婚活に悪影響!?」……。本書で示される、数多くの興味深い事例を読めば、中国に暮らす人々の等身大の姿がくっきり浮かび上がる。
彼らの思考、行動様式を知れば、日本に住む私たちと同じ希望、不安、苦悩を持つことが理解できる。いまの中国、そしてこれからの中国の行方を見すえる上で必読の良質なルポルタージュである。

目次

  1. プロローグ どうして日本人はまだ現金を使っているの?

    第1章 発展が早いのは、遅れていたから

    第2章 「不信社会」をスマホが変える

    第3章 中国人は情報統制されている?

    第4章 カネの亡者は消えたのか

    第5章 日本の経営者の教えに涙を流す

    第6章 「パクリ天国」に困惑する人々

    第7章 結婚も出産もしない若者たち

    第8章 「異質な隣人」が台頭する恐怖

    エピローグ 日本と中国という合わせ鏡

著者・監修者プロフィール

中島 恵(なかじま けい)

ジャーナリスト
1967年、山梨県生まれ。北京大学、香港中文大学に留学。新聞記者を経てフリージャーナリスト。中国、香港、アジア各国のビジネス事情、社会事情などを執筆している。著書に『中国人エリートは日本人をこう見る』『中国人の誤解 日本人の誤解』『なぜ中国人は財布を持たないのか』(ともに日本経済新聞出版社)、『なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか?』『中国人エリートは日本をめざす』(ともに中央公論新社)、『「爆買い」後、彼らはどこに向かうのか?』『中国人富裕層はなぜ「日本の老舗」が好きなのか』(ともにプレジデント社)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading