日本で課長になるのは、どんな人? 多くの企業で人材アセスメントを実施し、膨大な人数の教育・研修に携わってきた著者。40年にわたるデータから、時代とともに変わりゆく、日本の会社員の能力の特徴を解き明かす。

定価:本体850円+税
発売日:2008年09月10日
ISBN:978-4-532-26018-7
並製/新書判/200ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

日本で課長になるのは、どんな人? 多くの企業で人材アセスメントを実施し、膨大な人数の教育・研修に携わってきた著者。40年にわたるデータから、時代とともに変わりゆく、日本の会社員の能力の特徴を解き明かす。

「分析力はあるが、リーダーシップに難あり」「バイタリティはあっても、1人でプロジェクトを動かそうとはしない」……。社員の能力を把握する技法の表と裏を惜しみなく開示、人事担当者必読の一冊です。

目次

  1. 序章 人材をどう見て、どう評価するのか
     人材の能力をどう評価するのか/将校選抜など軍事利用がルーツ
     多面的に観察して偏った見方を排する/具体的な評価はどう進めるか

    第1章 日本の課長はどんな人?
     中間管理職が置かれた厳しい現状/課長の評価はこうして行う
     「日本の課長」とはどんな人?/目標達成が重視され始めた九〇年代
     課長に期待される能力も揺れ動く/海外で誤解されやすい行動慣習
     日米の管理者に違いはあるか/日本人の計画組織力が低くなる理由
     IT化やグローバル化と文書化の関係
     リーダーシップはなぜいつも低得点か
     卓袱台で養われる能力/コミュニケーション力は改善できる
     二〇代は暴れる時代、三〇代は勉強する時代
     やりたいことが思いきってやれる部長/キャリアは人それぞれ

    第2章 若手リーダーは仕事で伸びる
     ポジション不足時代を予測して/グループにも性格がある
     参加者の日常の仕事ぶりが露呈された
     能力項目の高低は一五年変わらない
     集団意識の強かった団塊世代/どの職務経験がどんな能力を伸ばすか
     若手管理者が「得手に帆をあげる」ように計らう
     適所適材のアメリカ人、適材適所の日本人
     管理部門の人は討議に強く、営業所系の人は面接に強い
     「説得力」が弱くなったバブルの最盛期
     次長の活用……社内評価者を担う
     人を評価することは自分を見つめること
     その後のフォローが能力を育てる

    第3章 女性管理者を育てる大実験
     女性社員の管理能力研修――一年間の大実験/家族と離れ、故郷を離れて
     「これからは男女の別なく、リーダーやマネジャーを」
     幅広い年齢層、多様な職歴/女性も男性も強みと弱みに大差はない
     未知の職場経験が能力発揮の仕方を変えた
     自己の経験が基準値となるベテラン女性/当初は愚痴の大合唱、そして……
     感想文に見る参加者の心情とその後のフォロー
     職域を超えた仲間の輪と周囲の協力/女性管理者への厚い壁はどうなるか

    第4章 経営層と上級管理者の360度評価
     立場が上になるほど周囲が意見を言わなくなる
     360度評価の良いところ、気をつけたいところ
     本人を知らない人に評価はできない
     評価は記名か、無記名か、どうフィードバックするか
     経営層の自信と周囲の評価/同僚が同僚を見る目が最も厳しい
     社長の言葉をただ伝えるだけでは……/挑戦的な見解がほしい
     部下は業績を上げるための作業集団?

    第5章 次の経営陣を見つけてほしい
     経営陣の見直しをしたい――ある社長の要請
     社長が期待する三つの条件/経営幹部の選抜と育成企画
     司令官、参謀、部隊長、そしてコツコツ型
     シニア管理者よりも若手に能力パワーを見る
     温厚、誠実、安定だけでは組織は沈滞する
     「引っ張る人」は三分の一/組織の特徴を表す一二のタイプ
     小さな組織に安住しない/どんなリーダーが求められているのか

    第6章 中年管理者と人生の哀歓
     能力は仕事を通じてどう変化し成長するか/誰が伸びるか、誰が辞めるか
     昇進する人、しない人/キャリアの満足感が大切
     仕事では成功したほうがいい理由/継続研究に見る男女の能力の違い
     博士からの提案/あなたは、どんな鳥?

    第7章 次世代リーダーを選び、育てる
     リーダーになりたくない若者たち/明日のグローバル・リーダーを捜せ
     昇進したいか、したくないか、現地社員の登用はどうか
     次世代リーダーの発見と育成/幹部候補の早期選抜と育成促進
     選抜の中心は四〇代/社業の発展を担う次世代リーダーの確保
     個人に見合った仕事とは何か

    あとがき

著者・監修者プロフィール

梅島 みよ(うめしま みよ)

株式会社マネジメントサービスセンター顧問。1944年津田英学塾卒業。
在日米軍人事訓練部訓練コンサルタントなどを経て、1966年マネジメントサービスセンター(MSC)設立。
同社代表取締役社長、取締役会長を経て、現在に至る。

<主な著書>
『ビジネスマナー入門』(共著、日経文庫)、
『日本の課長の能力』(日経プレミアシリーズ)、
『人の目を気にしないでおやりなさいよ!』(世界文化社)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading