没後20年。日本には未だに3万人の熱烈なカラヤンオタクがいるという。「世界のオザワ」を育て、ソニーやサントリーに文化の箔をつけたカラヤン。生誕100年を迎え、稀代の指揮者と日本人の幸福な出会いを描く。

定価:本体850円+税
発売日:2008年07月10日
ISBN:978-4-532-26010-1
並製/新書判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

没後20年。日本には未だに3万人の熱烈なカラヤンオタクがいるという。「世界のオザワ」を育て、ソニーやサントリーに文化の箔をつけたカラヤン。生誕100年を迎え、稀代の指揮者と日本人の幸福な出会いを描く。

「マエストロ」「帝王」などの異名をとったカラヤンの知られざる逸話を数多く収め、中でも日本と関わりのあるエピソードを多数紹介。

目次

  1. 序章 指揮台の老スター

    第一章 敗戦国から敗戦国へ
    第二章 マエストロに最も近かった日本人
    第三章 帝王とニッポン企業
    第四章 カヤランブランド
    第五章 帝王批判とニッポン
    第六章 「後継者」たち

    あとがき
    カラヤンと日本の関連年表
    主な参考文献

著者・監修者プロフィール

小松 潔(こまつ きよし)

日本経済新聞社東京本社編集局勤務。1958年神奈川県座間市生まれ。1983年日本経済新聞入社。90年~93年、00年~03年ベルリン支局駐在。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading