「日本経済新聞」を代表する編集委員、コメンテーターら、ベテランの専門記者22人が、日本と世界を取り巻くさまざまな論点と向き合い、大胆な予測を提示する!

これからの日本の論点2020
日経大予測

定価:本体1,800円+税
発売日:2019年10月28日
ISBN:978-4-532-21929-1
並製/A5判/388ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

記者の視点を先取り!
どこに着目するかで、世界の見え方が変わる。

歴代最長となる安倍政権はどこへ向かうのか。
令和の時代に日本企業が再び飛躍する条件とは何か。
通商から安全保障、テクノロジーへと急展開する米中の覇権争いは世界をどう変えるのか――など。
「日本経済新聞」を代表する編集委員、コメンテーターら、ベテランの専門記者22人が、日本と世界を取り巻くさまざまな論点と向き合い、大胆な予測を提示する。

Ⅰ 日本経済はこれからどうなる
・正念場の世界経済、国内景気に消費増税の壁
・「米欧との緩和競争」開始か、日銀の追加対応は2段階で
・お金と人手、社会保障は2つの「不足」を克服できるか
・五輪や消費増税、貿易摩擦で「株式相場」は膠着か
・日本企業は「バブル脱出速度」に達するか
・デジタル化で変貌する日本型雇用
・加速するエネルギー転換、強まる脱炭素への圧力
・安倍政権はついに終わるのか

Ⅱ 日本企業はこれからどうなる
・令和時代に日本企業が飛躍するための条件
・日本企業のリーダー、稲盛氏・孫氏だけでいいのか
・問われる質、第2段階に入った企業統治改革
・「恐竜」メガバンクは生き残れるか
・5Gは産業や社会をどう変えるか
・世界的スタートアップは日本から生まれるか
・崩壊か再生か、小売業を脅かす3つのジレンマ

Ⅲ 世界はこれからどうなる
・深まる米中覇権争い、日本が直面する3つの試練
・米中テクノ冷戦、閉じる「デジタル鉄のカーテン」
・トランプ再選か民主奪還か、米大統領選を占う「4つのE」
・米中覇権争いと習近平政権の行方
・新興IT企業は中国経済を救うか
・難路続く?日本の周辺国外交
・政治クライシスの欧州はどこへ向かうのか

編集者より

これから先の日本や世界の動きを見通すには、どこに目をつければよいでしょうか。「日本経済新聞」を代表する編集委員・コメンテーターら、ベテランの専門記者22人が、日本と世界を取り巻くさまざまな論点と向き合い、大胆な予測を提示します。

テーマは大きく3つ。「1.日本経済はこれからどうなる?」では、世界経済が正念場を迎えるなか、日本の景気はどうなるのか、人口減少によって今後、社会保障が抱え込む課題、歴代最長となる安倍政権はどこへ向かうのか、などを取り上げます。

「2.日本企業はこれからどうなる?」では、令和時代に日本企業が再び飛躍するための条件や、第2段階に入った企業統治改革、恐竜・メガバンクは生き残れるかなどについて、「3.世界はこれからどうなる?」では、通商から安全保障、テクノロジーへと急展開する米中覇権争いが今後、世界をどう変えるのか、1年後に迫った米大統領選ではどこに注目すべきかなどについて取り上げます。

これだけは知っておきたい論点満載の必読書です。順不同で読み進められますので、まずは目次のなかから、興味や関心のある項目を選んでみてください。どこに着目するかで、世界の見え方が大きく変わります。

(2019.10.23)

目次

  1. Chapter1 日本経済はこれからどうなる

    Chapter2 日本企業はこれからどうなる

    Chapter3 世界はこれからどうなる

著者・監修者プロフィール

日本経済新聞社(にほんけいざいしんぶんしゃ)

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading