100のクイズ形式で楽しくカンタンに大人の敬語が身につく。オフィス、メールやビジネス文書、冠婚葬祭などシーン別で使いやすい!

大人の語彙力 敬語トレーニング100

定価:本体760円+税
発売日:2018年03月05日
ISBN:978-4-532-19849-7
並製/A6判/272ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

もう悩まない! ヒヤッとしない!

「読まさせていただきます」
「お客様がお見えになられます」
「いつお行きになりますか」
「お得意様各位様」
「お食べください」
……いずれもよく聞く言葉ですが、実はすべて間違い敬語!

自分の立場によって、尊敬語や謙譲語を使い分ける必要があるので、仕事上の敬語は少し厄介です。


また、
「わかりませんので」ではなく、
「わかりかねますので」(問い合わせに対して)。

「ご連絡先をうかがえますか」ではなく、
「念のため、お電話番号をうかがえますでしょうか?」(電話応対)。

「先ほどのお話ではよく理解できませんでしたが」ではなく、
「もっと詳しく教えていただきたいのですが」(会議で)。

「頂戴いたします」ではなく、
「供えさせていただきます」(葬儀の受付で)。

こんな風に語彙力を駆使して、ちょっと言い回しを変えるだけで、デキる人、信頼感のある人と評価がグンとアップします。

本書は大人のための敬語ドリルです。
ビジネスシーンごとに、まずは問題(クイズ)を解き、その後、解説をチェック。
解説を読めば誰でもラクラク、敬語とそれにまつわる語彙力を身につけることができます。


※『大人力を鍛える 敬語トレーニング』(池田書店/2008年)に100ページほどの大幅加筆をし、文庫化したものです。

目次

  1. 序 章 語彙力を磨けばワンランク上の敬語になる

    第1章 敬語の基本をおさらいしよう

    第2章 職場の敬語 こんなときどうする?

    第3章 スイスイおつきあい編

    第4章 もう迷わない! メールの敬語

    第5章 評価があがる! ビジネス文書の敬語

    第6章 これで万全! 電話の敬語

    終 章 まとめとよく使う敬語一覧

著者・監修者プロフィール

本郷 陽二(ほんごう ようじ)

幸運社代表
1946年東京都生まれ。早稲田大学文学部卒業。光文社カッパブックス編集部でベストセラーとなった『冠婚葬祭入門』(塩月弥栄子著)のシリーズなどを担当。その後、編集企画プロダクション幸運社を設立。ビジネスや歴史、言語関係など幅広い分野の著作で活躍中。著書に42万部を売り上げ、敬語本ブームをつくった『頭がいい人の敬語の使い方』(日文新書)がある。また、シリーズ10万部の『できる人の語彙力が身につく本』(知的生きかた文庫)の企画・制作も手がける。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading