事業不振から脱出するには。PDCA をうまく廻すには。次の成長に必要なこと。元マッキンゼー著者によるリアルな企業改革ノベル。

戦略参謀
経営プロフェッショナルの教科書

定価:本体1,000円+税
発売日:2017年11月06日
ISBN:978-4-532-19839-8
並製/A6判/544ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

事業不振から脱出するには。PDCA をうまく廻すには。次の成長に必要なこと。元マッキンゼー著者によるリアルな企業改革ノベル。

○2013年8月にダイヤモンド社から刊行された書籍の改訂文庫化です。

○大手紳士服チェーン「しきがわ」の営業マン高山昇は、ある日、
経営幹部の目の前で会社の給与制度を批判したことから、
新設の経営企画室に飛ばされます。
しかし、高山は持ち前の正義感と行動力を武器に、
室長の伊奈木とコンサルタントの安部野の支援を得ながら、
改革の推進役として一歩ずつ成長していきます。

○社内の地雷を踏みまくりながら、愚直に改革に取り組む主人公の姿を通し、
トップの参謀役である経営企画の仕事とは何か、
そして、企業改革はどうあるべきか、
ストーリーを追ううちに要諦を学ぶことができます。

○本書の魅力の一つはリアルな登場人物の描写です。
「空気を読まない」熱血元営業マンを主人公に、
外部招聘の経営企画部長、
企業の「憑きもの落とし」の異名を持つコンサルタント、
先代社長時代の番頭役で社内No.2専務、
創業者の息子社長、先代社長時代からの会社の裏を知る秘書など、
様々な思惑が交錯する人間模様が描かれます。

目次

  1. 第1章 高山、最初の地雷を踏む――企業はなぜ成長、低迷を繰り返すのか?

    第2章 バケツの中身が重要だ――PDCAを廻せない企業には明日がない

    第3章 経費削減と経費低減は違う――経費の効果最大化のためのノウハウを蓄積せよ

    第4章 社員がやる気になる人事制度とは――一人一人が前向きなエネルギーを発揮できているか

    第5章 起死回生の販促プラン――成功に向かって仮説を立て地道に努力する

    第6章 混沌のなか、海図を求める――事業不振は「市場との乖離」から生じる

    第7章 新業態を立ち上げる――トップの抑えが弱くなると、組織内にエゴイズムがはびこる

    第8章 社内の「憑き物落とし」――戦略参謀は「成功した創業者」の精神にのっとって行動する

著者・監修者プロフィール

稲田 将人(いなだ まさと)

株式会社RE‐Engineering Partners代表、経営コンサルタント。
早稲田大学大学院理工学研究科修了。豊田自動織機製作所よりの企業派遣で米国コロンビア大学大学院コンピューターサイエンス科で修士号を取得後、マッキンゼーアンドカンパニー入社。総合電機メーカー、建設業、流通業などの戦略策定や経営改革などに携わる。その後、大手企業の社長、役員、事業・営業責任者として売上V字回復、収益性強化などの企業改革を行う。08年、(株)RE‐Engineering Partnersを設立。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading