「地頭力」の著者の革命的組織論!「取引先の課長より自社の社長とのアポが重要」「言い出しっぺは損をする」……こんな会社は「立派な老人」。老化の理由と対処法を説く。

会社の老化は止められない。
宿命にどう立ち向かうか

細谷功
定価:本体800円+税
発売日:2016年09月05日
ISBN:978-4-532-19803-9
並製/A6判/272ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

あなたの会社の話です!

「会社の老化度チェックリスト」付き

●あなたの会社に思い当たることはありませんか?

◆出世するのは管理・スタッフ部門ばかり
◆変わった人は迫害される
◆取引先の課長より自社の社長とのアポが重要
◆言い出しっぺは損をする
◆現場の仕事は外注先。自社の仕事はその管理
◆高学歴な勘違い社員が多い

……こんな会社は「立派な老人」です。

●人生と同じで会社も後戻りは不可能。
この絶望的な老化現象を乗り越える解決策はあるのでしょうか?

●本書では多くの事象の分析から、老化の根本原因を考え、どうすればその宿命とうまくつき合って、次の時代を切り拓いていくことができるかについて解き明かします。
ベストセラー『地頭力を鍛える』の著者の、革命的な組織論です。

目次

  1. 第1章:会社の流れは一方向

    第2章:老化した会社の「止められない」症候群

    第3章:老化を加速させる大企業のジレンマ

    第4章:会社の老化がイノベーターを殺す

    第5章:何がパラダイムシフトを阻むのか

    第6章:組織の宿命をどう乗り越えるか

著者・監修者プロフィール

細谷 功(ほそや いさお)

ビジネスコンサルタント。
1964年、神奈川県に生まれる。東京大学工学部を卒業後、東芝を経てコンサルティングの世界へ。アーンスト&ヤング、キャップジェミニ等の米仏日系コンサルティング会社を経て、2009年よりクニエのマネージングディレクターとなる。2012年より同社コンサルティングフェロー。コンサルティングの専門領域は、製品開発、営業、マーケティング領域を中心とした戦略策定や業務・IT改革に関するコンサルティング。あわせて問題解決や思考力に関する講演やセミナーを企業や各種団体、国内外の大学などに対して実施している。
著書に、『地頭力を鍛える』『問題解決のジレンマ』(以上、東洋経済新報社)、『いま、すぐはじめる地頭力』(だいわ文庫)、『「Why型思考」が仕事を変える』(PHPビジネス新書)、『具体と抽象』(dZERO)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading