運命の女神は果敢な人に従う。いい人と思われるな、だが、恨まれてはならない。戦略・リーダー論の古典のエッセンスをやさしく紹介。

60分で名著快読 マキアヴェッリ『君主論』

河島英昭 監修/造事務所 編著
定価:本体850円+税
発売日:2016年07月05日
ISBN:978-4-532-19799-5
並製/A6判/304ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

岩波文庫『君主論』を翻訳した河島英昭氏監修のもと、イタリア語の原典をベースに、『君主論』の勘所を図解とともに、丁寧に解説した名著入門。

果敢に行動し運命をねじ伏せよ、恐れられつつも、憎悪や軽蔑を買ってはならない、追随者のおべっかや甘言に惑わされるな、人びとの支持こそが最大の武器だ――。
発表から500年が過ぎた今も多くの指導者に支持されている
戦略・リーダー論のエッセンスを、図解入りで徹底解説。

目次

  1. パート1 『君主論』とマキアヴェッリの基礎知識

    パート2 君主国の種類と統治方法

    パート3 君主に必要な資質

    パート4 戦える組織をつくる

    パート5 統治を維持する

     付録1 フリードリヒ大王による『君主論』批判
     付録2 マキアヴェッリの名言集

著者・監修者プロフィール

河島 英昭(かわしま ひであき)

イタリア文学者。東京外国語大学名誉教授。
東京生まれ。東京外国語大学イタリア語科卒、ローマ大学留学、1979年、東京外国語大学教授。イタリア文学の研究、翻訳に業績をあげ、1988年、『ウンガレッティ全詩集』でピーコ・デッラ・ミランドラ賞、1990年、ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』の翻訳で日本翻訳文化賞、1991年、BABEL国際翻訳大賞日本翻訳大賞、2006年、『イタリア・ユダヤ人の風景』で読売文学賞受賞。イタリア文学研究センター主宰。岩波文庫『君主論』の訳者。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

造事務所(ぞうじむしょ)

歴史・文化・宗教に造詣が深く、雑学をはじめ、生活実用まで幅広いジャンルの単行本の編集・執筆を行う。1985年設立。編著となる単行本は年間40数冊にのぼる。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading